*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2016年07月

お気に入りの番組

IMG_2873


いくつかのお気に入りのテレビ番組の中で、
たぶん、今、一番好きな番組が、「チョイ住み in ○○」

世界の街に、一週間程度、住むように滞在するって番組。

滞在するのは、キッチン付きのアパート。
そこに、世代の違う二人が住む。

先日放送された、「ちょい住み in キューバ」
これ、今まで観た中で最高〜♪

☆今まで、6回放送されたけれども 2回は見逃した。。。残念。

今回は、
57歳の料理研究家・土井善治さんと、
22歳の俳優・野村周平くんのコンビ。

今までの中で、一番好きなコンビ。

キューバのアパートで、初対面の二人。
なんとなくぎこちない・・・

そこが、日を追うごとに、すごくいい感じになってきて・・・

なんだか、癒された〜〜〜

詳しくは、こちらから ←

好きだったポイントは・・・

今までは、年上の大人が、いい意味ではあるが、
上から目線の感じがした。
今回は、お互い、持ちつ持たれつ、対等な感じがいい。

土井善治さんの、大阪弁のイントネーションも心地いいし、
なんたって、きっちりしているけど、おおらかな大人余裕がいい。

そういえば、

最近出た「暮らしの手帳」の中に、土井善治さんの連載が始まった。

「汁飯香のお話」というタイトル。

毎日のご飯は、
汁(具だくさんの汁もの)・飯(ごはん)・香(お漬物)
基本、この3つがあれば、いいでしょ。というお話。

土井さんの言葉を借りれば、
「ご飯、味噌汁にお漬物、基本はこれでよろしいやん。」

なるほどなぁ・・・

少しばかり、今までのご飯に対する心構え、違っていたかも。。。

でも、土井さん、キューバでは、いろいろガッツリ作っていた。
そうかっ! 
キューバは、非日常だから、だったからかな?

それにしても、キューバの豚肉、おいしそうだった。。。

やっぱ、わたしは、汁飯香+何かほしいなぁ・・・



パンの音

IMG_2872


「現場監督」業で忙しい毎日・・・

そんな中、やっとこさパン粉を注文。
今回は、事務所に直接宅配してもらった。

昨日、久しぶりの食パンを焼く。

いつもみたいに高さが出ないわねぇ・・・
と思ったら、粉量が少ないことに気が付いた。

焼き上がりの後、外に出しておいたら・・・
ぴきぴき・・・と音がする。何の音!?と思ったら、パンの音。

しばらくしてから見てみると、表面にひび割れの跡が。

え〜と、これって、いいこと? それとも、よくないこと?

忘れた・・・

まっ、よくても悪くても、今朝は、久しぶりのパン。
うれしい〜朝だ〜

・・・

昨日は、事務所で、お昼にハンバーガーを作った。

ハンバーグ種は家で用意しておいて、
朝から、「現場監督」しつつ、ハンバーガーバンズを焼いた。

孫のみぃ〜ちゃんが宿題をしに来たから、
少しばかり、お手伝いをしてもらいながらのバンズ焼き。

ままと、妹のなっちゃんは、学校行事でゴミ拾い。

お昼には、美味しいハンバーガーができた。
ボリューム満点のハンバーガー。

ままとわたしは、ひとつずつ。

小1と小3の孫娘たちは、ひとつと半分ずつ。
子どもたちのほうが、いっぱい食べた。

写真!? 忙しくて、撮り忘れ・・・

なにせ、「現場監督」とバーガー屋の兼任は忙しすぎる。
あっ、それに、↑写真の食パンも仕込んだしね・・・



にわか「現場監督」

FullSizeRender


暑くて、つかれる〜ぅ〜

もちろん、身体も疲れるけど、心も疲れる・・・

やってらんねぇ。。。って、気分。。。

久しぶりに、牛レバーを買ってきて、焼いた。
たったの90グラム(笑) それも、オットと二人分で。

塩コショウして、強火でさっと焼いた。
お醤油と辛子で食べた。

美味しかった! 

気分だけでも、夏バテ防止!

・・・

事務所に併設して、おんぼろのアパートがある。
この管理もわたしの仕事。

空家になると、部屋をきれいにする。

畳を替えたり、壁紙を張り替えたり、掃除をしたり。
もちろん、業者さんに頼む。

長い間住んでいたお部屋だと、もう少し大幅に変更する。

間取りを変えて、床をフローリングにしたり、
キッチン、お風呂、トイレをきれいにしたり、
押入れをクローゼットに変えたりと。

大工さん、器具屋さん、ペンキ屋さん、ガラス屋さん、水道屋さん、
壁紙屋さん、ふすま屋さん、畳屋さん、電気屋さん、掃除屋さん、
この業者さん方と連絡を取り、交渉し、仕事を進める。

☆このような職業の方々↑ 
 結構キャラが立つ人が多くて・・・苦笑
 突っ込まれたり、突っ込んだりしながらのドタバタ。

このコーディネートの仕事、わたしの仕事。

この会社に来て1年ちょっと。
今、5件目と6件目をリノベーション中。

いまだに、どんな順番でやればいいのか?
業者のおじさん、お兄さんに、聞きながらやっている。

みなさん、キャラ、立ち過ぎですが・・・

幸い、みなさん、とっても親切。

暑い中、現場を行ったり来たりして、
にわか「現場監督」業が、忙しい。




夏の朝ごはん

FullSizeRender


熱中症予防に、朝ごはんを食べたらいいらしい。
朝ごはんの中に、塩分と水分が含まれているからという。

なるほどね。

夏の朝のお味噌汁は、具がごちゃごちゃしないほうが好き。
山陰の岩のり(乾燥)を少し入れると、香りがいい。

IMG_2858


お昼は、変わり映えのしないお弁当。

オットが、チンゲン菜ばかり3袋買ってきた。
よく聞いたら、小松菜を3袋買ってきたつもり、らしい^^;

チンゲン菜は、水分が出るから、お弁当向きとは思えない。
が、3袋もあるから、お弁当に入れる。


花柄のスカート

FullSizeRender


日曜日、久しぶりに映画を観に行った。

「ブルックリン」

1950年ごろ、アイルランドからアメリカ、ニューヨークへ、
大西洋をひとり船に乗ってアメリカを目指す女性。

たったひとり。

そこで生きて行くことを決め、前に進む彼女。
困難続きだ。

この映画の中、彼女のファッションがいい。

アイルランドを出るとき、地味な洋服数枚。
それが、アメリカで暮らすうちに、どんどん素敵になっていく。

どれも、すごくファッショナブルというわけではない。
どれも、基本中の基本の服。
でも、そのどれもが素敵だ。

その中で、花柄のスカート、アイボリーの半そでニット、
その上にひっかけるカーディガン。

これは、彼女の「勝負服」 ここぞというときに着る服。

最後にこの服を着たときには、涙が出た。

映画のラストの後、彼女、どうなったかなぁ〜?
いい人生になってほしいと願わずにはいられない、そんなラストだった。

・・・

大西洋を渡る船の中、彼女は船酔いに苦しむ。

このシーンを観たとき、ふと、10年以上前の船旅を思い出した。

大西洋ではないけれども、
ドーバー海峡をフェリーで渡った時のこと。

イギリスの語学学校のショートトリップでフランスに行った。

朝早くのフェリー。

朝だから、当然、朝ごはん。
フェリーの食堂に行く。
朝ごはんに時間なのに、誰もいない・・・

イングリッシュブレックファストをいただく。
これ、ボリューム満点の朝ごはん。

トレーに朝ご飯とコーヒーを乗せ、窓側の席に着く。
船が揺れるから、それもかなり揺れるから、
ゆらんゆらんしながらの朝ごはん。

すると・・・

同じ語学学校の生徒が一人、遠慮がちにやってきた。
「ここに座ってもいいですか?」と。

「どうぞ」と、前の席を勧める。

彼は、20歳ぐらいの韓国の青年。
語学学校で見かけたことはあるが、クラスも違うし、
年齢もうんと違っていたので(そのころ、わたしは46歳ぐらい・・・)
話したことは、なかった。

飲み物も朝ご飯も手にしていない。

「何か、飲む? それとも、食べる? おごるよ。」と言う。

すると青年は、
「いえいえ、食べたり飲んだりする気分になれません。
 船が揺れて怖いんです。
 だから、ひとりでは怖いんです。」

あっ、そういうこと!?

「怖くないですか?
 よく、朝ごはん食べられますね・・・」と。

え〜っ、朝だから、朝ごはん食べていただけだけど。

朝ご飯を食べ、コーヒーを飲んで、青年と話した。

話すことで、彼、少しは気が紛れたのかしら・・・




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ