*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2017年01月

紙人形の着せ替え

IMG_3315


オットがいないときのひとりごはん。
わざわざ料理することは、まず、ない・・・

近所のコンビニで買ったワイン。
久しぶりに、雑誌ku:nelも。

チーズと、お気に入りの薄めのオニオン味のクラッカー。
クラッカーというよりも、薄焼きのせんべいって感じかな。

砂ずりを茹でて薄切りしていたものと、
キャベツの茹でてあったのを、さっとポン酢であえて。
ワインだから、少しだけのマヨネーズ。

寒い日だったから、この後、締めは、
冷凍してあったサトイモ、作り置きのイリコ出し、
それに、白玉粉のお団子を少しだけ作ってお味噌汁に。

寒い中帰ってきた、飲み会のオットも、
締めのお味噌汁を食べていた。

・・・

昔、わたしが小さかったころ、
紙で作る着せ替え人形でよく遊んだ。

雑誌か何かの付録に、
下着を着た紙のお人形、それに着せる、紙の洋服が数種類、
点線に沿ってはさみでていねいに切り取り、遊んだ。

楽しみは、そのお人形に、自分でデザインした服を着せること。
画用紙に人形の型をうっすらと鉛筆で描きとり、
好きなデザインの服を描き、色鉛筆で色を付けて作った。

何せ、小さかったから、外国のお姫さまが憧れで、
ドレスとかを描いて作った。

たまには、母が持っていた、ドレメの本の中から、
好きなデザインを盗用して、紙の人形の服を作った。

楽しかったなぁ〜

ただ、紙だから、ぺらん〜としていて、現実味からはうんと遠い。
だって、紙だから、人形に「厚み」がないもの・・・

さて、ちょっと前から流行り!?なのかな・・・
「平置きコーデ」っていうの、あれを観ると、
紙人形の着せ替えを思い出す。

平置きだから、平面的で、現実味がない・・・気がする。

ファッション雑誌などなど、
ときどき平置きでのコーデが載っているけど、
参考になんないよね〜と、わたしは思う。

服って、人間が中に入ってからの完成だと思う。

平置きだと、まず、かっこいい、かっこよく見える。
トルソーなどに着せた服も、かっこよく見える。

もちろん、かっこいいモデルさんが着たら、
そりゃ、かっこよく見える。

同じ服でも、普通の人が着たら、まーそれなり。

理想の体型の人なんていないわけで・・・
背格好、体形、年齢、などなど、皆違うわけで・・・

でも、人が着るから、洋服って「生きてくる」と思う。

同じセーターでも、10人着れば10人の様相。
十人十色、ってことでしょか。。。

雑誌とかで、わたしが参考にするのは、
普通の人が着た洋服、そして、組み合わせ。

わたしの場合は、
背が高めのがっちり系の人が特に参考になる。

「大人になったら着たい服」なんてのも、
普通の人(よりかは、かなりセンスのいい人ばかりだけど)
その人たちが着ているから、共感を得る。

参考になるかと言えば・・・

みなさん、センスも懐も豊かのようだから、
わたしがヒントにするのは、そのなにがしかのエッセンスだけ。

でもねぇ・・・

やっぱり中に着る人が違うから、同じ感じにはならないんだよね。
同じにならなくても別にいいんだけどね・・・








洋服の収納棚

b6a9c231


昨日のブログに出てきた、わたしの洋服入れの棚

10年前、この下部分だけだった。
洋服を入れるスペースが足りなくなったので、
上部分を作ってもらった。

10eba3c9


こちら、上部を作ってもらって1年後の写真。

ちなみに、棚の下部と上部の間は空間になっていて、
そこには、お気に入りの写真集などを入れていた。

パディンドンも、頭がつっかえながらも、
この間に入っている。

今、この棚の上部がわたしの普段の服入れ。
ハンガーにかけないものが入っている。

日曜日のお片づけで、上部一段は、空きとなった。
下の2段も、すーすーに入っているから、
洋服が出しやすい。

ちなみに、左下の段は、パンツ類。
左真ん中の段は、セーター・カーディガン類。

右の下の段は、Tシャツ類。
右の中の段は、ちょっとおしゃれもの(と思ている)類。

それから、一度手を通した服は、この棚の手前にある。
立てかけるパイプ棚に3段、置いている。

後は、シャツ類はハンガーにかけてクローゼットに。
ジャケットやコート類も、ハンガーにかけてクローゼットに。

・・・

そういえば、最近、かさばるものを買わなくなった。

かさばるような、ローゲージのセーターとかに心は動くけれども、
着心地を考えると、ついつい、うす手のものを選ぶ。

寒がりではないから、年中、どちらかというと薄着。

かさばるものを買わないから、スペースに余裕が出る。

でも、コートとか、ダウンとかは、かさばるから、
買うときは、うんとうんと慎重になる。




還暦片づけ、スタート

FullSizeRender


理想の一歩手前のコート、写真にとると、
カーキと言うよりも、やっぱり、サンドグレーに見える・・・不思議。

手袋は、去年か一昨年のバーゲン時期に見つけて買ったもの。
草色がかったカーキの皮の手袋。
その頃から、次のコートは渋いカーキと思っていた。

渋いカーキに、草色がかったカーキの手袋、
イメージ先行だった、理想のコート探し。

コートの色、思いとは少し違ったけれども、
だいたいのイメージかな!?

・・・

昨日、雨の日曜日、「還暦片づけ」スタート。

まずは、わたしの作業場から片づけ。
こちらについては、また、詳しく。

洋服も片づけ。
まずは、最近来てないものをピックアップ。

・着心地がいまいちなもの。
 チクチクする、サイズが小さすぎる、大きすぎる・・・

・今年還暦のわたしが着ると、悲しい〜もの。
 毛玉がある、よれよれしている、デザインが無理・・・

で、手元に残ったモノは、
ほとんどが、今、着ているもの。よく着ているもの。

片づけでよく言われることに、
処分するものを選ぶのではなく、今、着るものを選ぶ、と。

確かに、その通り。ほとんどが、今、現役な服。

中に、数点、?のものもあるが、これは、少しばかり保留。
春になって、やっぱり着なかったら、処分対象にする。

洋服を入れる棚が、ガラガラになった。
実は、この棚の使い方を変える予定なのである。

この棚、もともとは、食器入れだった(笑)
こんな感じ・・・

↑このブログを書いたのが、10年前の2007年1月。
この状態で洋服が入りれなかったために、
この棚の上部をオーダーして作ってもらったのだ。

そんなに洋服持っていたのかな?
って、大したことない服ばかり、あったんだろうなぁ・・・苦笑

今回、このベッドルームの模様替えをするために、
この棚をこの部屋から移動することにした。

ベッドルームには、今、オットが使っている小さな引き出し、
これに、オットとわたしの普段使いの服、二人分を収納する予定。

数年前、人生で一番洋服が少なくなったと思ったが、
その時のたぶん半分近くになっているはず。

断捨離とかなんとか、そんな気持ちはあんまりなくて・・・

60歳を前に、ストーンとした気持ちになって、
今は、そんなにたくさんの洋服はいらないと思っている。

その代りに、
ぜ〜んぶお気に入り、
ぜ〜んぶ心地よい着心地、
ぜ〜んぶ今のわたしの気持ちに寄り添う、
そんなに服ばかりにしたいなぁ・・・

あくまでも理想だけど。。。

もう、たくさんの服を持つよりも、
毎日、幸せに着られる、そんな服ばかりが欲しい。

毎日、同じ服っていうわけにはいかないだろうけど、
毎日、ほとんど変わらない服を着続けてもいいと思う。

☆靴下もだいぶ処分した。
 ズルズルするやつ、ゴムのきついやつ、
 履いていて、イラッとするやつ、全部処分! すっきり!




しょうゆ麹

IMG_3312


しょうゆ麹、お醤油と麹を混ぜただけ。
分量適当。麹がお醤油に浸ればいいって感じかな。
瓶詰めして冷蔵庫に入れる。

後は時間。

ひたすら待つ。

↑半年ぐらいたった、しょうゆ麹。

・・・

週も中ほどになると、冷蔵庫のストックがなくなってくる。

水曜日、お買い物はしたけど、
すぐに食べられるものはない・・・

こんな時に限って、
オットの仕事が早く終わり、わたしの仕事が遅くなり、
同時に家に着く。

FullSizeRender


ダダダダァーと20分クッキング(苦笑)

たらの身を一口大に切り、酒と塩に浸けていたストックを、
小さな天ぷら鍋で、天ぷら。
ブラックペッパーと塩、それにレモンの櫛切りを添えて。

ほうれん草を茹でたのが、ほんの少し残っていた。
これは、オットが削ってくれていた鰹節をかけ、
お醤油をたら〜っと垂らす。

人参を千切り、急ぐから、すっごく太っとい千切り(笑)
これを瞬間茹でて、ストックしてあった蒸し鶏と和えて、
ここに、しょうゆ麹を加える。

その間に、オットが、デビラ(カレイの干したの)を焼く。

ビールを開けて、冷酒を注いで、晩ごはんのスタート。

こんな、ダダだ〜のごはんの時、助けてくれるのが器。
小鹿田焼き、沖縄やちむん、他は?の器や酒器。

どれもこれも、高いものではないけれども、
少しずつ集めてきたものたち。

あ〜、デビラの器がいけないわぁ・・・
オットチョイスだけど、一番使うアラビアのお皿に入れている。
これは、土もののほうが合うと思うけど・・・

それから、ビールのコップは、いまだにおまけコップ。
使いやすくて好きだから、なかなか次へと移れない。

まー、それでも、今晩も何とか食べられた。

締めは、前の晩の牡蠣鍋の残り汁にご飯を入れての、
味噌味おじや。
青ネギを、これも、ダダだ〜と刻み、だからでっかい(苦笑)
それを最後にたっぷり乗っけて。

オットは、↑これを食べつつ、
冷酒をもう一杯、と、飲んでいた。

ストックが何もないつもりだったけど、
それなりにあったのねぇ・・・

・・・

水曜日のお買い物たちの中、
豚の肩ロース塊は、塩をしてラップで包み塩豚へ。
砂ずりは、塩麹をまぶして。

塩豚は、週末に圧力鍋で煮て、来週のストックに。
砂ずりは茹でて薄く切ってストック。

豚小間は、うんと小さく刻んで、白ネギも刻んで、
味噌で味付けして、肉みそでストック。

紫キャベツは、コールスローでストック。

今の趣味、もしかしたら・・・
ストック、かもしれない・・・







今年最初に学んだこと

IMG_3269


図書館で、何気に借りた本。
かなり好きな本。
いりこの使い方、食べ方いろいろ書いてある。

煮込み料理、それもお肉の煮込みなんかにも、
いりこを直接入れて煮込んでいる。

わたしは、肉じゃがとかシチューとかラタトゥイユなんかに、
いりこで取った出しを入れる。
すると、味にぐぅ〜んと幅が出る。

いりこそのものを直接入れないけれども、
直接入れたら、簡単だわね・・・

今まで、気が付きそうで気が付かなかったけれども、
なんだ、こんなのもありだわ〜

・・・

今、お気に入りのカーディガンがある。
お正月、三越のバーゲンで買ったカーディガン。

こんなの似合わないだろうなぁ・・・と思ったんだけど、
試着してみるとまんざらでもない。

横幅がう〜んと広くて、丈が短くて、
前にボタン一つのデザイン。

この形、わたしが着ると、かかしみたいになるデザインのはずが・・・
あれ〜っ、結構似合うじゃないっ!

値段もお財布に優しいお値段。バーゲンだもの。

もう何回着たかわかんないぐらい着た。
何がポイントなのか、自己分析してみた。

わたしは基本パンツ。
昔から、ちょっとゆとりのあるパンツ、丈短めが好き。
自分では、「はきよかパンツ」と命名している。

これは、もうかれこれ20年以上前から作り続けているパンツ。
パンツについてはこちら

最近では、ガウチョパンツなんて言っているみたい。

そう、そのガウチョパンツ、わたし的には「はきよかパンツ」
このボトムに、買ったカーディガンを合わせると、
すっごく「今」っぽいっ!

かかしになるからって、敬遠していた形なんだけど、
不思議なくらい似合う、と思う。  ← あくまでも個人の意見(笑)

もしやと思い、母からもらった手織りの服を合わせてみた。
雰囲気的に同じ要素があるから、これもまたいい感じに似合う。

ちなみに色は、両方ともベージュ系の色。

50歳過ぎたころから、ベージュは微妙な色になったんだけど、
なぜか、すと〜んと似合うと思う。 ← あくまでも個人の意見(笑)

実は、三越バーゲンに一緒に行った友達が、
それだけは絶対にないっ!って宣言された服、
これも、試着したら・・・

とっても似合っていた!  ← あくまでも個人の意見(笑)

そうそう、今年買ったコートも、自分では選ばないコート。
でも、試着したら、ドンピシャ似合った。← あくまでも個人の意見(笑)

今年60歳。

身体つきも、顔つきも、髪の色もどんどん変化する。

今まで似合っていたものが、遠い世界へと消えていき、
悲しい思いもしてきたが・・・

いやいや、今だからこそ似合うものもどんどん出てきたじゃないか!
今だからこそ、素敵に着こなせるものもあるんじゃないか!

   あくまでも個人の意見ですが・・・(笑)

【今年、最初に学んだこと】

・今までの先入観を捨てる

・似合わないと思う服ほど、まずは、試着

・もちろん、似合うと思う服も、まずは、試着

・ネットで、今まで似合っていた(と自分で思う)服を買わない
 今は、似合わないかもしれないから・・・

以上、今年初めて学んだことです。



Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ