*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2017年08月

それなり以上にあるモノ

84歳になる母から電話。
いろいろ話す。

わたしの伯母、父の姉。
今は、施設にお世話になっている。
その伯母の家のマンションがずっと空家になっていた。

わたしたちが遊びに行くときもあったが、
ずっと空家でももったいないし、ということで、
中を片づけて、賃貸に出すことにした。

その片付けが、大変だったらしい。

伯父亡き後、伯母のひとり暮らし。
それでも、それなりのモノがあって・・・

伯母が施設に入った後、弟夫婦がかなりの片づけをした。
もう使わないと思われるものは、大処分してすっきり。
見た目は、モノのない使い勝手のいいマンションになっていた。

が・・・

母曰く、それでも、それなりに、いや、それ以上にモノがあったという。

伯母のマンションは、4LDKのマンション。
人口7万人の地方の市に立地するマンションだから、
少しばかり余裕のある広さ。収納もたっぷり。

このたっぷりが、曲者だった^^;

どの部屋も、家具はほとんどなく(しかし、クローゼットはある)
床にはモノもなく、すっきりとした暮らし。

しかしながら、各部屋にある、大き目のクローゼットが問題。
服はあるし、タオル類もあるし、布団は野球チームが泊まれるほどある。

キッチンには、ビタクラフトの鍋のフルセットもあり、
食器棚には、コーヒーカップセットも数セットあって・・・

もちろん、テレビ・洗濯機、冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・・・
などなど、普通の家にあるモノは、全部整っていて・・・

そうそう、げた箱から、びっくりするくらいの数の靴が出てきたらしい。

伯母は、着道楽の人だったから、洋服もデパートの一流品ばかり。
処分するのにためらうような服がザクザクだった、らしい。

夏場の片づけ、さすがに、84歳の母は手伝いには行かなかったが、
その荷物の一時置き場として、母の家の8畳間を使ったらしい。

で、その8畳間が、いっぱい!になったそうだ。

一見、すっきりと暮らしていたような家でも、
全部出すと、こんなにたくさんのモノがあるのかと、
母は、かなりのショックだったらしい。

それで、84歳の母が考えたのは、老前整理。
(わたしに言わせれば、後期高齢者の老中整理だけどねぇ・・・)

暑いから、秋になったら、少しずつ整理すると言う。
今は、クーラーが効く部屋の整理を少しずつしているらしい。

これ、他人ごとでは、ない・・・

我が家は、幸いにも、収納スペースが、たっぷりない。
といえども、それなりの収納スペースがある。

どちらかと言えば、収納は上手にできる方だから、
効率よく、ぴったり、ぎっしり、モノはある方だと思う。

昨日のブログではないが、
マンションサイズの小さな押入でも、出せばすごい量。

母の話し、そして、押入の片づけ・・・
こりゃ、わたしも、暇を見つけては、いや、暇がなくても、
少しずつ、還暦の老前整理をしなくてはならない。

☆広〜い家に住む友だちがうらやまし〜と思うときもあった。
 ダイニングリビングルーム以外に、8畳の部屋が6部屋ある家、
 そんな家に住む友だちを、うらやましいな〜って思っていた。
 その8畳の部屋には、1〜2間の押入やクローゼットが付いていて、
 モノの収納には困らない、と聞いていた。
 が、
 いったい、どんだけ〜モノがあるんだろうか・・・

 そういえば思い出した。
 この友だちの家、人が住める一軒家みたいな特大の倉庫もあった。
 そこにもモノがいっぱいあったよね・・・
 
 







押入片づけ

FullSizeRender


息子たちが帰った翌日、朝から、布団の片づけ、
シーツの洗濯、大量のタオルの洗濯などなど、する。

ついでだからと、押入の中、全部出して掃除機をかける。

FullSizeRender


マンションタイプの押入は、狭い。
それなのに、それなのに・・・
こんなにいっぱいモノが入っている・・・唖然。

その中に、処分するもの発見。

ベッドをダブルベッドから、シングルベッド2つにした。
だから、もう、ダブル用の布団が要らない。

ダブルの夏布団と、ダブルの毛布は、すぐに処分。
ダブルの羽根布団は、う〜ん、値段が値段だけに、考えるなぁ・・・

BlogPaint


3日間考えたけど、やっぱり、いらないものはいらない。
ダブルの羽根布団も処分することにした。

↑ 黄色で囲んだのが、その羽根布団。
このスペースが空けば、かなりすっきりする。

ついでに、ダブルのシーツ類も処分対象となる。
あ〜、無印の麻のシーツ、高かったんだけどなぁ・・・未練・・・
などなど、思いはあるけど・・・ キッパリせんとねぇ・・・

FullSizeRender


押入の襖を閉めて、和室はすっきり。
あ〜すっきりした。

すっきりして気が付いたけど・・・
畳がかなり傷んでいる。
そろそろ畳替えのタイミングかも。

・・・

我が家の押入は、ここの1間の押入のみ。
先ほども書いたが、マンションタイプだから狭い。
幅も狭いし、奥行きも浅い。

夏場、この押入の中に、自分たちの冬用の布団、毛布を収納。
それから、来客用の布団や毛布、それぞれ2組を収納。

母がお嫁に来るときに持たせてくれた、
嫁入り道具のりっぱな布団セットは、押入に入らなくて・・・
20年ほど前、実家に送り返した。

今は、無印やニトリなどの、薄っぺらな布団を使っている。

めったに来客はないけれども、
息子たちが帰って来たり、孫だけ泊まりに来たり、両親が来たりと、
来客用の布団は必要。

孫たちが大きくなってきたら、この数の布団だと足りない・・・
マンションに住んでいる人たち、どうしているのかなぁ・・・

☆今回、夏の上掛けに、無印のワッフルの上掛けを買った。
 これは、軽いし、たたむと小さくなるし、
 我が家みたいな収納が少ない家にはいいかもしれない。





ワッフルの上掛

FullSizeRender


息子一家が横浜から帰ってくる。
真夏に帰ってくるのは、初めてかな!?

迎えるための用意をしていたら・・・
あれ〜っ、夏用の上掛的なものがない。

わたしの小さな頃は、タオルケットなんて使っていた。
今でもあるけど、もう少し軽い感じが欲しい。

ということで、買ったのは、ワッフル地の上掛2枚。
色は白にした。
白というより、生成りかな!?

持ち帰ってから、タグを全部取って、洗濯した。
肌触りがいい。
小さな孫たちにいいかも。

・・・

お盆なので、近所のお肉屋さん、お魚屋さんはお休み。
土曜日のうちに買って用意。
冷蔵庫は、ぱんぱん。

普段、たいしたこともできないから、
帰ってきた時だけでも、美味しいものを用意したい。

さ〜っ、忙しくなるよ〜っ・・・







お盆のトラック

IMG_4206


お盆休み中。

でも、土曜日は仕事。
トラックで仕事。
トラックに乗るの大好き^^

目線が高いの。
だから、よ〜おく見える。

IMG_4205


アストラムライン沿いの道、
普段は、アストラムラインが頭上高く見えるんだけど、
トラックだと、すぐそこって感じ。

IMG_4200


材木の市場に行った。
こちらの人たちも、仕事中。
暑い中、みなさん、頑張っています。

IMG_4204


帰りは、産直所に寄る。
お盆だから、お花をいっぱいに買って帰る。
お墓参り3件分のお花を、たっぷり買う。

お盆前のお花、すごく高いの・・・

産直所は、季節のお花がいろいろで、
ひまわり・ケイトウ・ほおずきなどなど・・・
それでいて、リーズナブルな価格。うれしい。

ついでに、お野菜もたっぷり買って、トラックで帰る。

⭐️トラックで産直所に行くから、うんと離れた遠くに停める。
 みなさんのお邪魔にならにようにね。

・・・

最近、いろいろな事情で、遠出をほとんどしない。
だから、オットがトラックで仕事に行くって言うから、
土曜日の朝5時だったけど、急いで起きて付いていく。

車でどこかに行くのが大好き。

トラックは、乗り心地は良くないけど、
乗用車とは違う楽しみがあって、ワクワクする。







胡蝶蘭の葉っぱ

FullSizeRender


これ、なんだかわかる?

実は、胡蝶蘭の葉っぱ。

ちょっと前に、事務所に頂いたもの。
選挙事務所にあるみたいな、りっぱな胡蝶蘭、
正直、うちみたいな、ボロボロ事務所には、合わない・・・

5本の花芽にりっぱな胡蝶蘭がいっぱいついていて、
そりゃ、見事でした。

が、なんだか、落ち着かない、立派過ぎて。。。

花が全部咲き終わってしまって、茎と支柱が残った。
そのままでは、見てくれも悪いので、
昨日、茎を切り、支柱を外した。

これが意外と大変な作業で、30分以上かかった。

小さくまとまった胡蝶蘭の葉っぱ、
やっと、ボロボロ事務所に似合う、観葉植物になった。

適花適所、ってとこかな・・・

・・・

先日の内閣改造、大臣になった人の事務所、
ニュースで見るとすごいねぇ・・・
胡蝶蘭の鉢が、何十鉢もずら〜っとだね。

あれって、花が終わったらどうするんだろう。
まさか、秘書の人が、始末するとかじゃないよね・・・

お花屋さんが、引き取りに来るのかなぁ?
他人事ながら、心配するよ。。。

・・・

後の始末のことを考えたら・・・

お年を召した方とか、お忙しい方とか、
胡蝶蘭の花を贈るのは、どうなんだろう・・・

シクラメンぐらいの鉢や、花束、
もしくは、
そのまま飾れる、フラワーアレンジメントの方がいいかも。

そういえば・・・

以前、信じられないくらい大きなサボテンを頂いたことがある。
粗忽もんのわたしに、大きなサボテン・・・
大変でした。。。

贈り物って、考えてるつもりだけど、
それでも、やっぱり相手のことは全部わからない。
だから、難しいね。。。

最近は、モップにしている。
これも、もらった方からしたら、どうなんだろうね・・・




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ