*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2018年06月

自家製酵母の食パン

IMG_5291


発酵器の中で、食パンの最終発酵をしているところ。

先生曰く、型より1cmぐらい上がれば、OK!
ってことは、このくらいで大丈夫かな? 
いや、もう少しかな?

IMG_5292


焼いてみる。

ありゃ〜〜〜なんとも不格好な形・・・苦笑
でも、窯伸びしているし、ま〜、いいんじゃないっ!

IMG_5295


3つに分割したところ。
均等じゃない・・・アハハハ・・・笑うしかない。

・・・

自家製酵母で食パンが焼きたかった。

が、うまくいかない・・・

パンの先生が事務所に来てくれる〜というので、
ではではと、食パンのレッスンをリクエスト。

なるほど、ガッテン!と思えるポイントをいくつか習う。

で、次の日、さっそく復習をする。
忘れないうちに、復習しないとね。

ひとりで焼いた、自家製酵母の食パン、それがこれ↑

100点ではないが、わたしの中では、合格点!!!

先生に写メを送る。
断面の気泡、縦に伸びているから、グーです〜〜〜とお返事。

ヤッター!

厚めのトーストで食べた。
バターを乗っけて食べた。

「最高でぇ〜っす!」

やっぱ、100点です。
いや、120点あげてもいいです。
形は悪いが、味はいい。

それに、安心、安全なパン。

うれしい〜な〜。

先週から、本当に心が折れそうになるくらいな日々が続いた。
でも、食パンが上手く焼けたから、
もう、すべて帳消しにしてもいいかもっ!

そうさっ、人生、クサることもあるけど・・・
こんなにいい日が来ることもある。

さっ、また、明日から、がんばろ!





訳アリきゅうりとわたし

IMG_5281


このきゅうり、少し曲がっている。

なんでも、「訳アリ」商品、らしい・・・

って、きゅうり、普通に育てたら、曲がるでしょ!
まっすぐなんは、農家の人が、まっすぐにさせている!?

「訳アリ」だから、少しお安かった。

でも、この曲がったきゅうり、我が家には、便利なの。

我が家のぬか漬けの容器、野田琺瑯のラウンド琺瑯容器、
これ、まっすぐなきゅうりだと、半分に切らなくてはいけない。

曲がったのだと、ラウンド型に、形的に合うの!
だから、
きゅうりは、なるべく、曲がったのを買う。

きゅうり、まっすぐなのが必要なのは、
かっぱ巻きの時だけ、と、わたしは思っている。

あ〜、竹輪の中に差し込んで切るの、あれも、まっすぐがいいかも。
でも、竹輪の中のきゅうり、我が家は、まず、しないから、
とりあえずは、かっぱ巻きの時だけ。
って、かっぱ巻きも、ほとんど作らないけど・・・苦笑

で、なんだかんだで、我が家には、まっすぐなきゅうりは必要なし。
曲がったので十分。
だって、一本丸ごと食べること、ないからねぇ・・・

・・・

先日、夕方家に帰って、何気なく鏡をのぞき込んだ。

のけぞりそうなぐらい、驚いた!!!

ま〜、10歳ぐらい歳をとった姿の「わたし」がいた・・・

かわいそうなぐらいに、「お疲れさん」顔・・・
抱きしめたいぐらいに、ヨレヨレばあさんな顔・・・

「疲れてんだね・・・わたし・・・」

で、怖いもの見たさに、もう一度、鏡をしげしげとのぞき込む。

う〜ん、これって、疲れだけじゃないかも。。。

まず、この日は、午前中、ヨガに行った。
ヨガ、この季節、もう、汗いっぱいになるの。

その後、日焼け止めは軽く塗ったけど、それだけで終了。

雨の日で、髪の毛は、あっちゃこっちゃ、勝手に向いていて、
半分、ぐしゃぐしゃ・・・

で、着ているものが、イケなかった?

昨年買った、黄緑とグレーとベージュの模様のシャツブラウス。
去年は、イケてる!と思ったけれども、
今年は、よく見ると、ぜんぜんイケてない・・・愕然!

よくこんな服を、朝から、着たもんだ・・・と、、、反省。

去年と今年、何が違うのか、よくわからないけど、
ちょっと痩せて、首回りがスッキリした。
スッキリした、ということは、ある意味、寂しくなった!?

で、似合わなくなった・・・?

このシャツブラウス、お気に入りだけど、今年はもう着ない。
数年したら、似合うかもしれない。
もしかしたら、もう、出番はないかもしれない。

その時は、その時で、何かにリフォームするかな?

それにしても、10歳老けた自分を何気なく見たとき・・・
本当に驚いた・・・

化粧、髪型、洋服選び、少し気を付けなくちゃ・・・

あ〜あ〜、「訳アリ」なお年頃、なんだ・・・ねぇ。。。


心が落ち込んだ時の対処法

IMG_5280


そんなに暇、でもないんだけど・・・

事務所で、時間を見ては、パンを焼いたり、縫物をしたり。
一種の現実逃避かなぁ・・・と思う。

ときどき、
「やってられないなぁ〜〜〜」という境地に陥る。

そんなときは、銀行までてくてく歩いて行って用事をしたり、
事務所の周りの草ぬきをしたり、
アパートの階段を掃除したり、
などなど・・・

たいていは、気持ちがちょっと変わって、
ではでは、また、がんばりますか!と思える。

しかし、そう思えないときもある。

なんもかんもほっぽり出して、逃げ出したいこと、多数。
そうだね、最近、多数だね・・・

いろいろなことが、重くのしかかってきてたとき・・・

こちらが元気なら、
「よっしゃっ、なんでも来いっ!」って、
ある意味、やる気というか、挑戦モードがグーっと上がって、
全力でやっつけちゃう。

が、最近は、なぜか、グーっと上がっても、
途中で、へなへなへな・・・と、気持ちがなえること、多し。

天気のせいかな・・・と、梅雨のせいにする。

で、わたしの対処法としては、
そんなときは、あえて、問題と直面しない。
問題に向き合わない。

「明日がある〜っ、明日がある〜っ、明日がある〜っさぁ〜〜〜♪」

と、心から思えないんだけど、表面的にだけでも思う。思うことにする。

そして、縫物をしたり、パンを焼いたりする。
はたまた、大根を刻んだり、ニンジンを刻んだりも、する。

縫物も、パンも、大根だって、ニンジンだって、
ある程度すると・・・

「結果」が出る。

まー、大根の結果なんて、ちょぼいもんだけどね・・・苦笑

でも、なんだか、それで、心がほっとするんだよね。
単純っちゃあ、単純かも。

でも、人生、そんなもんか、と、わたしは、勝手に思っている。



地震 我が家の場合の常備品

昨日の朝、テレビを観ていると、緊急地震速報。

大阪の方で揺れているみたい・・・
と、思ったら、
広島の我が家でも、ゆぅ〜らゆぅ〜ら揺れ始めた。

大阪北部、我が家は、あの辺りをときどき運転する。
住宅、工場と、人々が多く住む地域。
また、大山崎辺りは、山もある。

大丈夫だったのかしら?と、思いつつ、仕事に出かける。

帰ってからのニュースで、亡くなった方がいることを知る。
ブロック塀・・・ それも、小学校の・・・

昨日は、事務所でも、
心から「せつない・・・」と思うことがあって・・・
胸の底に痛さを感じながら、家路についた。

帰ってからのニュースで、余計に、切なくなった。

まだ、揺れているようだ。
地震の国、日本。
どこで地震が起きても不思議ではない。

でも、せめて、小学校のブロック塀などで命を落とすなんて・・・
それだけは、それだけは、ちゃんとしてほしい。

早く日常生活を取り戻せるように、心からお祈りいたします。

・・・

広島の我が家、今朝(19日)
白いポリタンクに水を溜めた。

しかし、このポリタンク、ベランダに置きっぱなしにしていて、
中に入っているホース部分が劣化して、割れていた。
とりあえずは、それを全部取り出して、水を溜めた。

飲み水にはならなくても、トイレの水には使えるだろう。

ベランダには、ブルーの丸い大きなバケツ型の容器がある。
ふた付きで、その中には、常に水を溜めている。
ときどき、チェックする。

今朝見ると、水が9部目ほど入っていた。
こちらも、ベランダに放置してある水だから、飲み水には適さない。
が、トイレの水には使える。

何かがあって、一番困るのは、水だと思う。
ので、
水だけは、わずかであるが、常に溜めている。

・・・

他に、常に用意しているものは・・・

簡易トイレセット
ビニール袋(大き目のサイズ、黒と透明)
トイレットペーパー8個入り 常に3〜4パック
カセットコンロ 替えのコンロは常に10本程度
ペットボトルの水 1.8リットル6本入り3パック
消毒用エタノール 1本

実は、食べ物は、それほど用意してない。
何かが起こったら、
まずは、冷蔵、冷凍庫のものを食べ、
その後は、家にあるモノでどうにかする。

その場合、必要なのが、水と火だと、思う。
洗えないときは、トイレットペーパーで拭きとる予定。

☆例えば、今なら、パン用の小麦粉がある。
 これを水で溶いて、塩少々入れて、フライパンで焼く。
 美味しいとは思えないが、とりあえず、空腹は満たされるはず。
 余裕があれば、イーストを入れて少し膨らませて焼く。

☆少量の水の中でソーメンを茹でる、というより、煮る。
 塩気が付いているから、少し水でゆるめて食べる。

ここで気が付いた。
常に用意したいものに、塩を加えないといけないかも。






キリのクリームチーズを挟んで

IMG_5207


小麦胚芽入りのパンを焼いた。
粉量200グラムで、8個焼いた。
計算すると、1個だいたい100kcal

パンって、カロリー意外とあるのね・・・
こんなの、2〜3個ペロリと食べちゃいそう・・・

IMG_5208


焼いた日の夜、1個を食べた。
キリのクリームチーズを挟んで。
もちろん、ワインと共に。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ