*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2020年04月

袴のようなパンツを縫う

BlogPaint


ダバッダバッツのパンツを縫った。
ハカマみたい、といえば、一番わかりやすいかな?

脚を広げて、パンツだよ〜〜〜と、アピールしているけど(笑)
まっすぐ立ったら、ロングスカートか、パンツかわからない。
 
 カーディガンは、SCの990円のもの色は黒

パンツの布は、リネンの茶色。
いつ、どこで買ったか、覚えてもない布で。

マスク、たぶん、150枚(いや、180枚!?)は、
軽く超えて縫った。

マスク作りも、少々、飽きた・・・

ので、気分転換にと、パンツを縫った。

パンツは、ダバダバの麻だから、これは、夏にいいと思う。
こんなパンツを、数枚縫う予定。
まずは、家の在庫の布で縫うことにした。

しばらくは、お家内で、できることだけする。

何せ、買い物にも行けないしなぁ〜〜〜
たとえ、新しい服を買っても、着ていくところもないね。
家の在庫の布で、適当にパンツを作る程度でいいのかも。

出かけないから、本当に、服、いらない・・・
あ、仕事には、行きます。

 わたしの場合は、テレワークのできない、現場仕事。
 毎日、事務所に車で通う。
 仕事は、午前中は、お嫁のちぃ〜ちゃんと。
 午後は、一人。

・・・

1月の終わり、運命のコートに出会った。
茶の一重の春のコート。

形はいたって普通。普通すぎるぐらいに、普通。
特筆すべきは、コートなのに、羽のように軽い。
これなら、80歳になっても、着られると思った。

一目惚れだった・・・

びっくりしたのは、そのお値段。半端ないお値段。
冬のいいコートが買えるぐらいのお値段。
でも、80歳まで着られるなら、いいか、と思った。

鏡の前で試着したら、胸がドキドキするぐらいに、似合う。
コートに、恋をしたと言ってもいいぐらいの、コート。

が、サイズが、合わない。試着したのは、ワンサイズ小さいコート。
わたしのサイズは、売り切れだった。

もう、ガックリした・・・
しばらくは、夢にまで、出てきた・・・

が、今、冷静に考えると・・・
この春、コートを、買わなくてよかった、かも。

だって、着て行くところ、ないもん・・・

お店の人に聞くと、
このコートは、毎年、同じ形が出てくるという。
色は、その年によって、違うけどと。

来年は、買おうと思う。
びっくりするくらいのお値段だけど・・・
毎月、毎月、コート貯金をして、コートを買おうと思う。

来年の春は、このコートを買って、
あちこち行けるようになっていたら、と、切に願う。









心のぐつぐつを抑える

IMG_9133


自分のために、久しぶりにエプロンを縫った。
レモンイエローのギンガムチェックで。
心が、軽く、春気分になるために、レモンイエローで。

せっかくならと、レモンイエローとグリーンのギンガムチェック、
それぞれ2枚分の布を、ネットで買った。
合計で4枚分のエプロンの布を、ポチッとした。

グリーンのは、施設で料理をがんばっている友だちへ。

レモンイエローのは、布地を切って、切っただけで友だちへ。
「ほい、ほい、暇じゃろ〜け〜、縫いんちゃい!」と。

仕事中、友だちから、縫い方がわからん、と、LINEが。
「忙しい。考えて。」とだけの返事。

考えたのだろう、夕方には、ちゃんと出来上がっていた。
気分が盛り上がる〜〜〜と、ちょっと落ち込んでいた友だちだが、
ニコニコの笑顔!

今は、外に来ていく服もいらないから・・・
縫うのは、マスクとエプロンと、あとは、お家パンツかな〜

・・・

クレジットの請求書が来た。
どこにも行ってない、お店で何も買ってない、
割には、思ったよりも、請求額が多い。

一つには、車の保険料が落ちていたから。
これは、しょうがない、納得。

もう一つは、

数回に分けて、ネットで買った、マスクの材料、エプロンの材料、
これが、思ってもいない、びっくりお値段になっていた。
(一回の買い物の値段は恐る恐るだけど、それが数回になると・・・恐

ありゃ・・・ でも、ま、いいか〜〜〜

今、誰も知らないけど、わたし自身もちゃんと気がついてないけど、
自分の中の、何か「もじゃっとする水面下のストレス」がぐつぐつしてる。

これをなだめるために、お気に入りの布を買うことぐらい、
わたし自身に、許してやろう、と思っている。

⭐️実は、次に縫いたい、エプロンの布が見つかった。
 エプロンばかり、あってもな〜と、思いつつ、
 ぐつぐつが、ぐらぐらにならないためには、買っちゃうか・・・と。








ピザを焼こう

IMG_9149


中学校に、入学した、孫娘。
数日学校に行って、今は、自宅待機。
塾も閉鎖になって、行くところ、本当になくなった。

退屈だろうと思って、
また、ママのストレスもかなり上がってきているので、
ではではと、ピザ作り。

IMG_9151


台の用意をして、具材を用意して、
あとは、好きに、トッピングしてね、と。

姉妹で、性格が出る。

↑ お姉ちゃんは、きれいな模様になるように、
 全体バランスを考えての、トッピング。

妹は、芸術は爆発だ〜!っていうような、大胆なトッピング。

ま、味は、同じだけどね・・・笑

IMG_9154


焼き上がりに、バジルを乗せて。

↑ こちら、芸術は爆発だ〜!の方のピザの焼き上がり。
 チーズを乗っけて焼いたら・・・
 せっかくの「芸術」も、普通のピザ、だわ・・・

焼き上がりの、熱々を、食べる。

久しぶりに、(たぶん1年以上ぶり)コーラと一緒に。
ピザと、冷えたコーラ、合う!

全部で3枚焼いて、1枚は、パパのためにお持ち帰り。

すごく楽しかったみたいなので、
次、横浜への荷物は、ピザセットにするかな〜?

台は軽く焼いて、上のトッピングの用意をして、
向こうで、子供たちがトッピングして、チーズ乗せて焼く、
そんなのは、どーかな〜と、ばーちゃんである、わたしは考えている。












お手伝いさせてね・・・

IMG_9129


手伝いに行けない、横浜の息子の家に、荷物を送った。

前日に作った、丸パン、パスタソース、低温調理ムネ肉、
当日作った、煮物、かぼちゃポタージュ、たこ、などなど、
すぐに食べられるものを、一緒に詰めて。

一番上には、オットが、当日焼いた、惣菜パン。

IMG_9123


オットのパン焼き、今回は、エピと新玉ねぎパン。

IMG_9128


今回は、これを、横浜に送った。

IMG_9122


そうそう、追加の手作りマスクも。

広島と新横浜、最短の新幹線だと、3時間30分。
息子の家は、新横浜から、徒歩10分だから、
4時間かからずに、行けるのに・・・

あ〜、行って、手伝ってあげたいけど、
今は、行けない。

辛いなぁ・・・

また、少しばかりの、すぐ食べられるおかずを作って、送るかな?
それぐらいしか、お手伝い、できないものね。。。

・・・

それにつけても・・・

物流の方々には、感謝の日々です。

ありがとうございます

こんな状況でも、広島から横浜へ、
前日の夕方6時までに送ると、翌日の午後2〜4時に届きます。

↑ 日曜日に送った荷物は、月曜日の夕飯になったそうです。

横浜からは、「うれしい〜!」のLINEが。

「何もお手伝いできないから、
 せめて、せめて、これだけは、お手伝いさせてね!」と、お返事した。

また、週末に向けて、いろいろ作って、送るつもり。

物流の方、よろしくお願いいたします。







行ってやりたい・・・

IMG_9114


横浜の息子一家が、引越しをした。

↑ 引越し当日の写真、
 無事に引越し終了、
 お兄ちゃん二人は、テレビを観ている。


去年の11月末、横浜の息子から、
家を買おうと思っていると、連絡が。
オットと新幹線に飛び乗り、見に行った。

中古の一戸建て、息子たちの身の丈にあった、
家族5人が寄り添って住めるような、そんな家だった。

その引越しが、よりにもよって、この4月の半ば。
どうなることかと思ったが、
ほとんどを、引越し屋さんのお世話になって、無事引越し終了。

引越しの次の日、何か送って欲しいものがあるか、聞いた。

「猫の手」と、LINEで返事が来た。

猫の手かぁ・・・・・・・

6・4・2歳の子供3人。
近くには、手伝ってくれる人たちもいない。

コロナ騒ぎがなければ、
引越し当日、上の2人のお兄ちゃんたちは、幼稚園。
下の娘は、こんな場合預かってくれる、市の施設。

その予定だったのに、今回の騒ぎで、当日、3人とも家。
大変だっただろう・・・と、容易に想像がつく・・・涙

わたしも、予定では、引越しの手伝いに行くはずだった。
子供の送り迎え、当日のご飯の手配、などなど・・・

が、手伝いに行ける状況でない・・・

それでも、マスクにゴーグルして、消毒液を手に、
新幹線に乗って、手伝いに行ってやろうかしら?などと、
一人で、もんもんと、あーやら、こーやら、思ったりもしたが・・・

息子から、
「来てはダメ、今は、動かないで、大丈夫だから」と。

引越しの当日までは、毎日、毎日、毎日、日に5回以上、
横浜の天気予報を、確認した。
幸いにも、当日は、お天気だった。

お空の神さま、ありがとうございます。感謝します。

コロナ騒ぎがなかったら、このゴールデンウィークは、
オットと共に、横浜の息子一家のところに、行く予定だった。
でも、これも、なし。

今のところ、猫の手も借りたいんだろうけど・・・

「セブンとローソンが、すぐ近くだから、
 食べることは、なんとかなってるよ。」と、明るい声。

3人の子供たちも、いたって元気。
以前の家よりも、うんと遊ぶ場所が広くなって、
3人で、わいわいと、中古の「新居」で遊んでいる。

あ、写真に写っている障子、
毎日、一つずつ破れていくらしい・・・笑

↑ これは、入居当日だから、まだ、いいけど・・・
 今は、もう、ビリビリだそうだ・・・
 コロナ的には、風通しがいい方がいいから、まっ、いいか!







記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ