ミシン












月曜日、暑いけどミシンでカタカタ、がんばるぞーって、
ミシンスタートしたら、

ガタッ!

やった! またやった! オカマが外れたのだ。
これで3度目。はあ〜ぁぁぁ・・・ 凹状態。。。

ミシン屋さんに電話したら、あさってしか修理に来れないということで、
ミシンを抱えて、ミシン屋さんに行くことにしました。
umarinちゃんみたいに、ミシンを自転車に乗せていったわけではないけど、
重いし、暑いし、ハレハレ、疲れる〜。

ミシン屋さんのおじいちゃん、
「こりゃあ、ちょっと癖になっとるなあ〜」
いやな予感。

たまたま、店頭に、中古の台付き職業用ミシンがありました。
そこに、口八丁のセールスおばちゃん、来る。
「厚い革や布を縫うなら、絶対これだよ。
 ○○先生もこれだし、○○先生のお教室もこれ使っているよ。」

う〜ん、どうしよう。

「この中古ミシン、今作っていないからね。
 それに、これってめったにでてこないんだよ。
 おまけに、うちのミシンや創業70周年記念バーゲンで、
 今、すごく安いんだよ〜。」

どの情報が正しくて、どれがアヤッシイのか、
暑さとショックで、頭が働かない・・・

もう一度、おじいちゃんのところへ。
おじいちゃんいわく、
「修理できるよ。でも、もうあんまり厚いものを縫わないほうがいいかもね。」
いつも修理をしてくれる、親切なおじいちゃん、
おじいちゃんの言うことを聞いて、ミシン購入を決心しました。

口八丁のおばちゃんと、いくらまけるか、何を付けるか、
カンカンガクガク・・・・・

昨日、
ミシンは無事に我が家に到着しました。