古本











捨てる本の山の一角。(全部は見せられない〜)
実はこのくらいの山をもう2回分は処分したんだけど。

見積もりに来た引越しやさん、リビングを先ず見て、
「本が多いですね〜。」

リビングの作り付けの戸棚の中を見て、
「わっ、ここにも本がいっぱいある!」

廊下の突き当りにの本棚を見て、
「ここにも本が満杯ですね。」

寝室の棚を見て、
「ここにも、本がありますね〜。」
実はトイレの中にも本があったけど、見せてない。。。

わたし、「そんなに本が多いですか?」

「本の多い家ですね。本の多い家の引越し、大変なんですよ。
 ダンボール、後50個追加ですね!」

わたし、「・・・・・・50個も?!?!?!」


それで、今回思い切って処分することにしました。
かなりシビアに、本を捨てています。
基本的に、単行本の類は全て処分、これは済!
それでもまだまだ、あります。どうしよう。