ポイントカード











先週の日曜日は、HOT(ほっとびと)というボランティアの会、
その仲間が集まって我が家で飲み会をしました。

HOTの会では、ほっと茶屋という部門があって、
呼ばれれば、まちづくりや市民活動のグループのイベントに、
コーヒーや屋台などの出前をします。

で、私はほっと茶屋の女将(おかみ)です。
この会はすごく便利なシステムを持っていて(私にとってかな?)
いろいろな取りまとめ・雑事は番頭がします。
番頭の下には、番頭補佐、丁稚数名、そして、御用聞きもいます。

さて、さて、今回この番頭が、ポイントカードを作ってきました。
すごいポイントカードでしょう。
ちょっと、いいえ、かなりの感激!

はんこもちゃんとあるのです。
お食事用のはんこは、ナイフとフォーク、
お茶のはんこは、コーヒーカップ。

今回は初回ということで、ダブルポイントを押させていただきました。
みなさん、ダブルポイントということで、大喜び。
ポイントがたまると、青空食堂(我が家)でいいことがある、
そんな期待を込めてでしょうか?

さあ、さあ、ちゃんと裏の文面を読みましたか?

「青空食堂では、一回ご来店ごとにポイントスタンプを差し上げております。
 このポイントスタンプに応じて、イベントのお手伝い・大工仕事・
 女将のご要望を聞くことの出来るなど、素敵なプレゼント(!?)を
 用意しておりますので、女将あるいは番頭までお申し付け下さい。」

日本語は、トリッキーだな〜。。。
つまり、ポイントがたまれば、女将から用事を言いつけられる、
番頭はそのような文面を用意していたのです。

さすが、Nっこ番頭!