冷蔵庫の中














マレー鉄道の旅、今日はちょっとお休み。

今日は、我が家の冷蔵庫の中のお話し。

3日前ぐらいの冷蔵庫の写真、だいたいふだんはこんな感じ。
本日は、買い物前なので、空っぽで、ほとんど四方の壁が見えている状態。

冷蔵庫の上段は、ジャム・バター(右端の瓶の中)・ゆず胡椒・干しえび、
などなど保存品の瓶が入っている。奥には金柑の瓶も4個並んでいる。

上から2段目左から、
残りご飯・小松菜のゆでたの・豆腐・さつまいもの煮付け・洋ナシの缶詰残り。

下の段左は、卵のケース・頂き物のコンポート(もったいなくて食べられない!)
それから、ビールとお茶。

下の段右上は、緑のタッパーは刻み葱・その上はお弁当の残りの出し巻き卵2切れ、
その右、下は自家製だし昆布の残りの佃煮・カボス半分。

下の段の下は、左から、イリコだし・ヨーグルト・レモン半分。

下のチルドルームには、サワラの味噌漬け・ナチュラルチーズ・豚コマ少々。

冷蔵庫の中に入れることで気をつけていることは、中身がわかること。
だから、入れ物は、ジップロックかパイレックスのガラス容器。
油ものは基本的にパイレックス、そのほかはジップロック。
タッパーは、大量にいただいたのがあったんだけど、
汚れがだんだん取れなくなってきたので、ほとんど処分。

野田琺瑯の白い容器がいいな〜と思って、二個ほど購入したけど、
横から見えないので、今はちょっと購入を躊躇っている。

この夏、みぃ〜ちゃんが生まれて、息子たちが来たときは、
こんな状態ではなかった。
もう、ぎゅうぎゅう満員状態。
そんなときでも、重ねられるジップロックやパイレックスはありがたい。