火

















土曜日の夜、素敵なご招待がありました。
以前からとっても素敵だなって思っていた、ご夫婦のお宅です。

日がとっぷり暮れて、そのお宅に着くと、
リビングには、薪ストーブがあり、火が赤々と燃えています。
暖房は、このストーブだけだというのに、
部屋中、とっても暖かです。

そこの奥様が、このストーブで煮込んだのよ、って言われた
ビーフシチュー、お肉がとろとろで、おいしいシチューです。
用意されていたフランスパンをちぎってソースに付けて食べると、
そのおいしさがぐっと胃にしみてきます。

カブの前菜、お豆のサラダ、いいダコとイカのサルサソースなど、
なんともワインに合うメニューです。
普段は飲まない、焼酎の湯割りもとってもおいしく感じます。

食後は、暖炉の前に座って、コーヒーとチョコをいただきました。
静かに夜は更けていきます。

我が家、お客様をときどきお呼びしますが、
こんな風に、夫婦一組だけのお客様をお呼びしたことはありません。
しかし、こんなに少人数だと、ゆっくりお話ができます。
いいな〜って思いました。

初めて伺ったお家ですけど、本当にリラックスして楽しい時間が過ごせました。

薪ストーブの火と、おいしい手料理とワイン、
そして、何よりも、自然体のご夫婦との会話、
寒さも一段と冷え込む冬の夜、素敵な週末でした。


余談:次の日、山田山食堂にベーグルを買いに行きました。
   ここでも、薪ストーブが焚かれています。
   マンションを買ったばかりなのに、このあたりに家が欲しいと言って、
   オットを困らせています。
   でも、本当に、家が欲しくなった。。。 
   薪ストーブのある家が。。。