キッチンからの












1月26日(土)の日経新聞のプラス1という、土曜日特別版に、
「キッチン発の節約術」というのがあった。

食品や台所用品などに関連する節約術で、
「実践して効果が実感できるもの」についてのアンケート結果。

1・自炊を増やす
これは、納得だな〜!
外で食べたり、外で作ったものを買うのは、本当に高いと思う。
そりゃ、人件費だの場所代だの流通費だの、いろいろかかるし当然かな。
我が家も、外食をしないという目標をこの一ヶ月やってみたけど、
確かに、節約になる。実感!してます。

2・ポイントのつく店で食材を買う
あまりこういうことには、関心のない私。
しかし、フレスタの酒屋のおばちゃんに、絶対作れ!と言われ作ったカード、
これは、本当に役に立っています。
フレスタの酒部門、毎月最終日曜日は、フレスタポイントが5倍なり。
先日も、ビール2ケース、ワイン12本、酒1升と他のものちょっと、
以上で、400円のフレスタ券、3枚ゲット!

後は、いつがポイント倍の日かわからないけど、
プロフーズもポイントにより,500円券をくれる。
これも、ありがたいな〜。

後は、近所のスーパーで買うから、ポイントはなし。

3・食品を買いに行く回数を減らす
確かにな〜、お買い物に行くと、ついついいらないものも買っちゃう。
あら〜、今日はイチゴが298円、安っすい、買っちゃえ!なんてね。
それに、ついでにお肉を一パック入れたりもするし、
レジ近くの雑誌のところで、クロワッサンや今日の料理何ていう本を買うことも・・・

最近、冷蔵庫であるもので、何かを作る、
「どこまでできるか冷蔵庫の中のもので!」という、私なりのゲームを楽しんでいる。
こういうときは、自分で言うのも変だけど、
さすが、主婦歴30年近くやってきているだけあるな〜、と、
自分で自分をほめてやりたい。(他にほめるとこないもんねえ・・・)
買い物に行かなくても、どうにかなるものだし、
かえって面白いものができたりもする。はずれもあるけどね・・・

4位以下で気になるものは、
安い食材で作れる献立を工夫する(第6位)
食材を余すことなく使い切る(第7位)
酒の量を控える・質を下げる(第8位)
空腹では買い物に行かない(第16位)
この辺りかな?

安い食材は、結構体にいい食材が多くて、その代表格が大豆製品だと思う。
豆もそうだけど、豆腐、厚揚げ、アゲなど上手く使うと経済的。
それから、乾物も経済&健康のお助け食材かな?
ひじき、切干大根、高野豆腐、切り昆布なんか、大好き。

そして、
我が家で一番大きいのが、 「酒」問題!
飲まなきゃいいんだろうけどね〜。これは、やめられない・・・
第3のビールを飲むかな?
先日フレスタで9本1000円だった。
でも、スーパードライが、やっぱりおいしいよね・・・
この辺りが、我が家の最大の課題かも?!