前菜











昨日は、2月のフレンチスタイルクッキングの日でした。

前菜は、アボガドの生ハム巻と、
オリーブのクリームチーズロールココナッツまぶしです。
オリーブの種を取って回りにクリームチーズを絡め、
最後にオーブンで軽く焼いたココナッツをまぶします。
これは、ワインにぴったりのお味です。
見た目も、すごくおしゃれです。

タコサラダ












タコのサラダは、オリーブが入っているせいでしょうか、
これもやっぱり、ワインに合います。

スープ













スープは、チョリソー(辛いソーセージ)と大根のスープです。
作り方は簡単なのに、とってもいいお味です。
寒い夜には、このスープとフランスパンと、
そして、やっぱりワインがあれば、幸せ気分になりそうです。

オムレツ











揚げたじゃがいも入りの「スパニッシュオムレツ」です。
じゃがいもを揚げる手間が面倒だな〜って思いましたが、
コクが全然ちがいます。
冷えた白ワインに、いいです〜。

パエリヤ












パエリヤは、ガ〜ンとえびがいっぱい乗った豪華版です。
お魚のあらでしっかり取ったスープでご飯を炊き込んだので、
全然味がちがいます。
これは家でもやってみたいな〜。

実は、パエリヤパンを持っています。
(パエリアパンは、パエリアを作る鍋のことです。
 ちなみに、フライパンは、フライをする鍋のことです。)
私が持っているのは、かなり大きなパエリヤパンです。
昔、福屋にウイリアムズ・ソノマがあったころ、買いました。
大きなサイズが欲しくて、実は、スペインからの取り寄せです。

なぜ、パエリアパンが欲しかったかというと、
冷夏でお米が不作のとき、タイからお米を輸入したときがありました。
そのとき、日本のお米とタイ米をセットで売ったのですが、
タイ米を欲しくない人がたくさんいて、
知り合いのお米屋さんが、大量のタイ米を在庫として持っていたのです。
それを、タダでもらいました。
かなりの量をいただきました。

おいしくなければ、ご飯じゃない!って思っている私、
何とかおいしくタイ米を食べたいと、
パエリヤパンを買うことにしたのです。
食べ盛りの息子二人に、パエリヤは好評で、
タダのお米を、おいしくおいしくいただきました。

そんな理由で、パエリヤパンは今でも我が家にあります。
我が家のIHでも使えるかどうか?だけれども、
今度、作れるかどうか実験してみます。
上手くできたら、また、パエリヤを復活させたいな〜。

チョコ











デザートは、チョコフォンデュです。
イチゴとベリーをとろとろのチョコに付けて食べます。
う〜ん、おいしい。

お腹いっぱい、幸せ気分です。

さて、
この幸せをオットにも分けてあげないとね。
今晩は、パエリヤでも作ろうかな?
オットと二人分だから、ちっちゃなフライパンで十分できそうです。
そうそう、白ワインを冷やしておかなくちゃ、ねっ!