IMG_0787_1









我が家の年中行事に組み込まれているもの、ほとんど食べ物関連。
秋は、やっぱり栗を煮ること、その栗の甘煮をビンに入れて保存すること。

九州の「栗の木」って言う田舎に住んでいた伯母、
高齢のために近くの街の駅横にマンションを買って移り住んで以来、
我が家には、秋の栗の宅急便が届かなくなってしまった。

秋になると、あちこちのスーパーや道の駅で栗を買い求め、
何とか栗の甘煮を作ってきた。
今年は、九州に行ったりして、栗は結構買ったんだけど、
栗ご飯にして食べてしまい、栗の甘煮のストックはほとんどない。

先週行った鳥取、そして、九州でもとうとう栗は見つからず、
かなりあせってきた!

土曜日の朝、オットが岩国に仕事に行くという。
岩国といえば・・・ そうそう、木村栗園があったはず、と早速電話。
電話の感じでは、栗はもう終わりに近づいていて、あまりないということ。
とにかく、行くだけでもと出かけた。

仕事の都合で、栗園に着いたのはもう夕方。
どうかな〜って心配だったけど、まだ少しは残っている様子。

早速、火バサミとプラスチックバッグをひとつもらう。
何でもこのバッグ一杯で2キロぐらいらしい。
栗は1キロ900円、二人で4キロで3600円、
プラス入園料ひとり200円の二人分400円、合計4000円。
まあ、安くはないけど、そんなものかな?と思う。

頭で計算しつつ、早速栗拾い開始。
オットと私、あっちとこっちに分かれて栗を拾い始める。
よく見ると、あるわ、あるわ、でっかい栗があちこちに。
虫が付いていないか確認しながら拾っていく。

ちょっと拾ったら、袋に半分以上。大体2キロぐらいかな?って、そこでストップ。
オットのほうに行ってみると・・・・・・

なんと、オットの袋には、栗がいっぱい、めいっぱい!
プラスチックバッグの持ち手がちぎれるぐらい、そのくらいにいっぱい!

いったい何キロ拾ったんだろう? その意味は、いったいいくらになるんだろう?

結果、二人合わせて6,6キロ。ひえぇ〜・・・・・・・・・!

入園料合わせて、6,340円なり!
今年の栗は、高いぞ・・・・・・・・・予算、かなりオーバー・・・・・・・・

車に乗ってしばらくすると、オットが、いきなり、
「なんだか身体の調子が悪くなってきた・・・
 一生懸命に栗拾いをしたからだ・・・・・・・」
なんて、訳のわからないことを言い出した。

運転を代わり、私が運転するが、なぜそこまでして栗拾いに没頭したのか・・・
オットいわく、ついつい夢中になってしまって・・・
わからなくもないけど、キロ900円だよって思って拾わないのかな?

とにかく、無事に家に帰って、さてさて、これからが大変だよ〜。
何せ、6,6キロの栗を剥かなきゃいけない。

ということで、
木金の九州弾丸ツアーのあと、土曜日は岩国に仕事に行って栗拾いして、
お疲れムードなのに、土曜の夜は栗剥き。
もちろん、日曜日も栗剥き。栗炊き。そして、またまた、栗剥き。
まだまだ、残っている・・・
今日もがんばって栗剥きをしなくちゃ。。。