IMG_0933_1












12月になりました。
だんだんと寒くなってきています。

さて、我が家の場合、そろそろ備蓄大作戦スタートです。
実は、この備蓄大作戦、今年で二年目です。

その大作戦名は、「鳥インフルエンザ発生時の篭城計画」です。

去年から、今か、今かと騒がれています。
もちろん、この大作戦、不発で終わることを願っています。

でも、最近の新聞、鳥インフルエンザ関連の記事で書いてあった事は、
「起きる、起きないが問題ではない。いつ起きるかが問題だ!」

何でも流行り始めたら、2週間は家庭にて篭城しなければならないようです。
2週間、たぶん、最初の頃は、パニック状態になり、
薬屋、スーパー、コンビニは、大混乱に陥るかも知れません。
そんな時、買い物に出かけたくはありません。

とにかく、家族、我が家の場合、息子夫婦と孫を含めて、
守り抜かなければなりません。
2週間の篭城生活を生き延びなければなりません。

と言うことですが、
さてさて、何から手をつけていいのやら・・・・・?

とりあえず、厚生労働省の「鳥インフルエンザ・個人でできる対応」
このページには、個人での備蓄物品の例が、書いてあります。
それを、参考に、マスク、消毒液などを買い揃えました。
充分な量とはいえないと思いますが、
とりあえず分は、確保しました。

後は、食料とか、なくなったら困るもの、例えばトイレットペーパーなど、
そんなものも、とりあえずの2週間分は用意しました。

大げさ〜!って、思われる方もいるかもしれませんが、
実は、用意する品は、そんなに多くもないのです。
普段の生活、ちょっと気をつければいいようなものです。

例えば、トイレットペーパーも、最後の2ロールになって次を買いに行く人、
そんな方もいると思いますが、
それを、最後のトイレットペーパーの袋を開けたら、
次のを買いに行く、とすれば、充分なのです。

後、望むこととしては、
鳥インフルエンザなどの大流行がないこと、
そして、
万が一、そんなことになっても、ライフラインの確保、これをお願いしたい。
水と電気とガスが止められたら、
我が家、2週間はかなり厳しい状態になります。