IMG_7630_1










私の友達、最近習いごとを始めた。
50歳を過ぎてからの新たなるチャレンジ、がんばれ〜っ!

友だちのことだから、ここに詳しくは書けないけど・・・・・

モノ作り、手作り系の習いごと。
最初、相談の電話があったとき、私が言ったこと。

・・・おうおうにして、習いごとの教室というものは・・・


カリキュラムというものがあるから、好き勝手にできない。
最初は、スローテンポでイライラ来るかもしれない。

それに、その部分に月謝や謝礼を払うのが無駄に思えるかもしれない。
でも、それが、習いごとのルール。

それから、手作り系の場合、一番の問題は、
技術を学ぶことと、センスを学ぶことは違う。これははっきり違う。
技術がある人が、センスがあるとは限らない。

今回、技術を学ぶのであれば、センスには目をつぶる。

家に帰っての自分での自由な復習、
技術が身についてからの自分の自由なやり方、
その部分で、自分のセンスを信じてモノを作ると割り切った方がいい。


さてはて、彼女、何回か教室に通った。
で、ある日、彼女の家に行った。

作ったものを見て・・・・・・・・・イスから転げ落ちた・・・・・

笑った、笑った、笑った!!!

「これ、何になると思う〜?」って、彼女が聞くから、

「これ〜ぇ、これ〜ぇ、さぁ・・・? 笑いの種!にはなるよ!」と私。

いやはや、ぶっ飛んだセンスだわ・・・彼女の先生は・・・

確かに、詳細を見ると、確かな技術はそこにある。
いわゆる、「手はきれい」なこと、これは認める。

けど、けど、けど・・・・・・ゴメンナサイ、笑っちゃう!

その後、彼女、何回か、「技術、技術、技術」と、
がまんして教室に通ったらしい・・・

で、この前会ったとき、浮かない顔でね、
「やっぱり、やめようと思うんだけど・・・
 一回にかかるお金も中途半端じゃないし、
 それにね、教材を見ると、力が入らんのよ・・・」

わかるな〜! あれじゃ、私も続かない。

技術とセンス、なかなか両方一緒に学ぶのは難しいのである。