IMG_8110_1










祝日のお昼ご飯、久しぶりに外食でもどうかな〜?
なんて思って、ひとりでいろいろお店を考えていたら・・・

オットが、そばにしようって言う。
てんぷら揚げるから、そばにしようって言う。

う〜ん、てんぷらが揚げたいんだな・・・・・・

久しぶりだから外食の方に手を挙げたかったけど、
オットがてんぷらを揚げたいと言うなら、そうするか・・・

座ってていいよ、するから・・・なんて言っているけど、
そばが茹であがったときに、そのタイミングでてんぷらも揚がっている、
そのタイミングを大事に作ってね、とアドバイスする。

てんぷらの用意をしつつ、そばを茹でつつ、てんぷらを揚げつつ、
やってるけど、やってるけど、やってるけど・・・

ああ〜、それじゃタイミングが合わないでしょ!

途中から、手伝う。
まあ、なんとかかんとか、最後のタイミングが合う。

そばを茹でつつ、てんぷらを揚げるのは難しいねぇ…と言うオット。
まあ、難易度としては、かなり高いと思うよ。

でも、私一人でやっていたときは、全てが同時に出てきたでしょ。。。
オットいわく、すごいことやっていたんだ・・・・・・だって。

まあ、今は上手にできないかもしれないけど、
次はもう少し手順がよくなり、その次はもう少しよくなり、
そのうち、一人でも完璧にこなせるようになるはずだよ・・・たぶん。

大橋歩さんが書いていた。

食事の用意、歩さんがひとりで準備していた。
ご主人さんは何もしない人で、
「おれは作れないから、食べる人」と言っていたらしい。

それを聞いた友だちが、
「ずるい」と言ったらしい。
「ラクしたいだけだ」と言ったらしい。

それ以来、冷やしそばだけ作るようになった、と書いてあった。
そのそば、市販のそばを茹でるだけだけど、
自分が作るよりも、うんとうんと上手に作ると書いてあった。
きっと、おそばを何回も何回も作ったんだと思う。

かなり以前に出版された本に書いてあったから、
もしかしたら、今ではもっといろいろ作るようになったかもしれない。

オットのてんぷらとそば、第一回目は、ちょっと手伝ったけど、
いつかは、一人でできるようになるかもしれない。
それまでは、お手伝いが必要かもしれないけどね、

オット、がんばれ〜!