IMG_0645_2










オットの還暦祝いに、新米をいただいた!
それも、ごっそりと!!!
しばらく、美味しいごはんが、たっぷり食べられます〜。

ありがとうございましたっ(^^)

貧乏人は、家の米袋に米がいっぱいあると、
なんともいえぬ幸福感に浸ります〜♪

そして、
米袋の下の方が見えてくると、財布の中と相談しながら、
給料日までの間、少しの米を買います。1キロとか、2キロとか・・・

昔、近所の米屋さんに、2キロくださいと買いに行くと、
お米屋のおじちゃんが、10キロの米袋を配達してくれていました。
「お金は、給料日の後でいいよ〜」ってね・・・

その後、そこの米屋さん、
「30キロ単位で買ったら安くておいしい米があるから、
 それを特別に取ってあげよう・・・」
と、当時、30キロ9000円ぐらいの米を特別にいただいていました。

あの当時、息子たちが食べ盛りで、
月に30キロを買っても足りないくらい、食べていました。
たぶん、月に40キロは食べていたかな・・・?

あの頃、お米が高くて、10キロ袋のおいしいお米が5500円ぐらい。
我が家は、もう少し安いお米、10キロ4500円ぐらいのお米。
だから、30キロで9000円は、非常に助かりました。

あんなこんなの日々も過ぎ、我が家もお米を食べなくなりました。
といっても、
オットとふたり、月に10キロお米を食べます。
食べる方だと思います。

とにかく、米好きです。

この前、最後の晩餐の話しになりました。

わたしはね・・・
最後の晩餐は、絶対にごはん!

極上焼き海苔、それにお醤油をたらっとつけて、
炊きたてのごはんを山盛り食べます。できれば3杯。
バクバク食べます。お口の周りにご飯粒を付けながら・・・^^

お腹いっぱい食べたら、もうあちらの世界に行ってもいいです。
三途の川を渡るときも、お腹いっぱいだと心配いりません。
閻魔大王さんからいろいろ質問されても、
お腹いっぱいで、超〜幸せだから、ちゃんと答えられそうです。

お米は、やっぱりいいです。
それも、新米だと、もっといいです。
おまけに、30キロ袋が家にあると、天にも昇る気分です。
(まだまだ、天には昇りませんが・・・^^;)


☆きのうのグッドニュース!
 「はじめようスイミング」のクラスに入って1カ月。
 一回30分のレッスン、5回が済んだ。
 だいぶ、息継ぎの、ぶくぶくぱぁ〜っ! するのも慣れてきた。
 
 きのうのバタ足、すっごく上手って、インストラクターのお兄さんに、
 超〜ほめられた・・・! うれしい〜!
 クラスの後、同じクラスに入っているおばちゃんからも、
 「今日のクラス、バタ足は、あなたが一番上手だったよ!」
 って言ってくれた。 うれしさ倍増〜!

 バタ足のコツ! by インストラクターのお兄さん

 足を3センチ伸ばすつもりで、とにかく遠くに遠くに足を伸ばして、
 それで、水面近くを小さく蹴ってください。

 その通りにしたら・・・ めちゃくちゃ褒められた!

 帰ってから、じっくりと褒められた分析をした。
 こういうところは、わたしらしい!と、いつも思う。
 何事も、どうしてそうなのか、考える人だから・・・
 反対に、どうしてそうなのかがわからないと、前に進めない・・・

 足を伸ばすつもり、遠くに遠くに足を伸ばすには・・・
 
 まず、お腹に力が入らなければならない。
 ここで、体幹(たいかん)をしっかりと安定させることになる。
 
 それから、お尻から腿の裏側辺り、しっかりと力を入れて、
 足が一直線になるようにしないといけない。
 もちろん、膝を曲げずに、お尻から足先までは一直線に。

 つまり、バタ足で必要な要素、身体の部分と足の部分の基本形、
 これが整うことになるのでは、と考える。

 この説明をぐだぐだすると、頭が混乱する。
 それじゃなくても、水の中で、頭も心も混乱状態のわたし。
 
 それを、「足を3センチ伸ばす」ということだけで説明をする、
 これは、かなり教え方が上手だな〜と、改めて思った。

 とにもかくにも、バタ足を褒められて、
 天にも昇るぐらいの勢いで、いい気分になったわたしは、
 来月も水泳をがんばってみようと思うのである。

 それに・・・ 足も長くなったような気もするし・・・・・^^