P1000121_2










生わかめをいただいた。これ、大好き!

なのにぃ・・・これをくれた人は、嫌いだという、生わかめが・・・
海の匂いみたいなのが苦手みたい・・・ふぅ〜ん・・・そうなんだ。。。

生わかめ、さっと茹でて、ポン酢で食べるのが一番好き。
このとき、すりごまをちょっとかけるのが好み。

P1000127_1










イリコと昆布で取っただしに、味噌を混ぜて作るお味噌汁。
出来上がったところに、生わかめを入れる。

そして、やっぱりここでも、すりごま。

美味しいな〜って思う。
朝から、幸せなお味噌汁でスタートする。

いっしょにいただいた、芽カブも、昨日お味噌汁で食べた。
こんな海のもの大好き!

なぜ嫌いなのか、よくわからない・・・けど、嫌いなんだろうな〜


オット、朝から機嫌が悪い。正確には、機嫌が悪かった。
朝から怒っていた・・・ ちょっと前の話しだけれども・・・

朝の6時、それは、いつも決まって朝の6時。
我が家の近くの幹線道路を走る、一台のバイク。
すごい音を立てて走って行く。

マフラーを切り取って、音が出るようにしている改造バイクだと思う。
とにかく、尋常じゃないぐらいの音。

オットいわく、人の迷惑を顧みない・・・と怒っていた。

このバイクに気がついたのは、たぶん、今年に入ってから、
とにかく、毎朝6時。

そして、もう一つわかったことは・・・
午後7時、このバイク、同じ音を立てて、反対方向から来る。
とにかく、目立つ音なのだ。

朝6時、西から東へ。
夜7時、東から西へ。
毎日、毎日、毎日、同じ音を立てて・・・

3日ほど前の朝、やっぱり朝6時、同じ音がする。
オットが、怒り始めた・・・うるさいっ!

わたしが言う。
「あのさぁ〜、誰だかわかんないけれどもさぁ〜・・・
 この寒いのにさ、毎朝、まじめに同じ時間に出勤しているんだよ。
 ある意味、えらくない!?」

オット、ニヤッと笑って・・・
「そう言われれば、そうだな〜。ある意味、えらい!
 この寒いのに、ちゃんと毎日、朝早くから仕事に行っている」

と、そのとき、ふと思った。

この仕事まじめな「若者」・・・
わたしたちの中では、若い兄ちゃんのイメージだけど・・・

だが、もしかしたら、姉ちゃんかもしれない・・・
もしかしたら、おばちゃんかもしれない・・・ある意味カッコイイ!
可能性としては、じいちゃんライダーかもしれない・・・

それに、
朝6時出勤、夜7時帰宅じゃなくて、
夜7時出勤、朝6時が帰りかもしれない・・・

などなど、いろいろ話しているところなのである。

ところが、今朝・・・バイクの音がしない。

「今日は、休みなんかねぇ〜」とオットと話す。
「休みだといいねぇ・・・ まさか、病気とか事故とかじゃないよね」

うん、うるさい音だけど、この音が朝6時にしないと、ちょっと心配。

今、朝の6時は、まだ暗い。
もう少し経って、朝の6時が明るくなったら・・・

オットとふたり、ある計画がある。
朝6時前に、近くの幹線道路に出て、どんなヤツがバイクで来るか、
それを見届けてやろう〜っていう計画。

とにかく、迷惑なヤツなんだけれども、
なんだか、気にかかるヤツになってきてることだけは、確か。