HAWAII-1 245_1
















Hawi からの帰りは、270号線の海岸を通ってコハラへと向かう。

街を出てすぐに、カパアウの観光協会のおばちゃんお勧めの場所、
風力発電がある場所へと、寄ってみる。

ハワイ島では、海に向かって走るとき、その勾配が余りにも急なためか、
まるで、海に向かって、一直線に飛び込んで行く感じがする。

HAWAII-1 244_1
















風車が、強い風の中ぐるぐると回っている。

HAWAII-1 246_1
















つきあたりは、ウポル空港。
ハワイ島の最北端の場所。

誰も、いない・・・ 風の音だけ・・・

空港の向こうは、海。それだけ・・・

ここを左に曲がると、カメハメハ大王の生まれた場所に行きつく。
そして、
モオキニ・ヘイアウという、古い時代の祈りの場所がある。

なんでも、ここでは、多くの人が、生贄としてささげられた場所、
と、ガイドブックに書いてある。

そのガイドブックには、あまり行きたくない場所、とも書いてある。

やだな〜〜〜、わたしも行きたくない。

観光客なんて、だれも行きそうにないし、
それに、このウポル空港だって、誰もいないし・・・

青い空と、青い海、そして、風の音。

いい景色なんだけどな〜、って思うけれども、
小心者のわたし、ここは早く立ち去ることにした。

HAWAII-1 248_1
















270号線沿いを、北から南へと走る。

なんにもないところ。
ここも、青い空と、青い海と、風。

しかし、ドライブするには、最高の道。

海の中に何かが見える。
オットが、クジラだと言う。

車を停めて、しばし見る。クジラだ。クジラのジャンプだ。

しばらく、ボーっと見ていた。