HAWAII-2 078_1














11号線を南へと下る。
今から、我々が行く、サウスポイントには、
全くもってお店もレストランもないところ。

どこかでお昼をと、ガイドブックを開く。
この辺り、あまり街もなく、レストランもなく・・・

周りは、マカデミアン・ナッツの畑ばかり・・・

ガイドブックによると、この人里離れた場所として、
わりあいいいレストランと紹介されている、レストランを探す。

が、ない・・・閉店かな・・・?

しょうがないので、この辺りにあった、唯一のレストランに入る。

お店の人が、本日のスペシャル、
↑マヒマヒ(魚の名前)のフィッシュ&チップスがお勧めと言う。

HAWAII-2 077_1
















それに、サラダ・ウィズ・シュリンプ(エビ)を頼む。

HAWAII-2 076_1
















レストランには、地元の家族連れ。
そして、
3人の地元の人には見えない人たち。
でも、観光客見も見えない人たち。

この辺り、ガイドブックを何回読んでもわからなかった場所。

ハワイアン・リビエラなどと書いてある。

ガイドブックによると・・・
Hawaiian Ocean View Estate 略して、HOVE とある。

ここは、60年代開発されたところ。
1エーカー(約64メートル四方の大きさ)の土地を、
なんと10万円程度で売り出したらしい・・・

とにかく、売れなくて・・・
何せ、とっても不便な場所だから・・・
だから、土地の値段も上がらず、いまだに、13万円ぐらいの値段。

なんとなくの雰囲気、わたしたちが感じた雰囲気だけど・・・
人が手を入れてないような、そんな土地の雰囲気がする。

ハワイアン・リビエラって言うのは、ある意味、皮肉な言い方か、
と、ここで気がつく。
なにせ、この辺りの英語の書き方、奥を読まないといけないので、
読み切れない、と言うか、意味、わかんない・・・

HAWAII-2 075_1
















アイスティーを飲みながら、なかなか出てこない食事を待つ。

その間、お隣の地元の人じゃない人を観察。

わたしの見立てでは・・・
2人の年配の夫婦。ここを買おうかと思っているかも・・・
そして、ひとりの中年男性、ここいらの不動産屋さん。

などなど・・・ 午後のけだるい雰囲気の中、勝手な妄想が・・・

この店の名誉のために言っておくこと、ひとつ。

このアイスティーは、おいしかった。
ワイメアの、ハワイ島一番とされる、Daniel thiebaut のよりも。

ストローを忘れたみたいで、おばちゃんウェイトレスが、
いるかと聞くので・・・別にぃ〜・・・と答えた。

フィッシュ&チップスは、まあまあ。
熱々に、トマトケチャップをいっぱいつけて食べる。
ケチャップと言うのは、まあ、なんと言うか、万能調味料だね・・・

エビのサラダは、干からびたエビのサラダ。
オットが、干しエビだって言うけれども・・・
わたしが思うのは、1週間前に茹でたエビ、その辺りにほっといたら、
乾燥して、こうなったかなぁ〜って思うような、そんなエビ。

食べたけれども、お腹の方は、大丈夫だった。
味については、ノーコメント。

HAWAII-2 080_1
















我々が店を出るとき、誰もいなかった。
バーカウンターには、誰か地元の人がいたみたいだけれども。

今回のハワイ島で行った中で、一番、「感慨深い」レストランだった。

HAWAII-2 082_1
















ちなみに、レストランの名前は↑

お勧めはしないけれども・・・
「社会見学」として行くには、かなりおもしろい場所であること、
間違いなし。