P1020235_1











四世代8人、ばたばた1泊のたび。

旅と言っても、九州の実家から車で15分の温泉宿。
父が脳梗塞のとき、入院した病院から15分の距離。
何かがあっても大丈夫・・・ということで選んだ宿、ふかほり邸。

お部屋は広いんだけれども、何せ4世代8人・・・
とにかくにぎやか・・・

帰り、オットとふたりで、誰が一番喜んだかな〜って話した。

う〜ん、
お嫁さんのちぃ〜ちゃんかな?
ふたりの子供の子育てで、毎日気の抜く暇もない。

部屋に、露天風呂がついていたから、
ここで家族みんなでお風呂に入って、遊んで・・・
夜は、子供が寝静まって、大浴場をひとりで堪能して・・・
朝からは、部屋風呂に、またまたひとりで入っていたからね・・・

お料理もすごく気に入っていたみたいだし、
それに、帰りに買った、パン工房のパンもおいしいって言っていたし。
満足度は高いと思うよ〜。

それから〜、
母も喜んだと思うよ。
温泉やお料理ももちろんだけれども・・・

ひい孫とゆっくりおしゃべりしたり、
いっしょに宿のお庭を散策したり、山羊やニワトリを見たり、
小食だけど、お食事は、全部少しずついただいたって言っていたし、
とってもリラックスして楽しそうだったからね。

それに、父に何かがあっても、病院は近いし、
わたしたちがいたから、安心なお出かけお泊りだったと思うよ。

父もきっと、楽しかったんだと思うよ。
だって、夕食のとき、ごきげんさんで、ずっと歌を歌っていたでしょ♪
お部屋食だったから気兼ねなく、大声でずっと歌を歌っていたから(笑)

みぃ〜ちゃんもなっちゃんも、
大好きなお風呂に、家族で入って楽しかっただろうし、
お食事は、まあ、興味はなかったみたいだけど^^;
お部屋中、走りまわっていて遊んでいても、
誰からも叱られなかったしね。

それに、わたしたちも、疲れたけれども、楽しかったよね!

オット、一言、ぽつり・・・
「いいお金の使い方だったかもね。」

「うん、そうかもね。」

また、貯金して行かなくちゃねぇ〜〜〜
来月は、無理だけど・・・
来年、もう一度、行こうねっ。

さてさて、今日からは、来年に向けて、
締まった生活を、日々たんたんと。 日々たんたん。

☆↑お庭には、茹で卵が・・・
 卵に興味のない我が家、誰も食べなかった・・・
 1個食べたらよかったな〜って、帰った、今、思う・・・