IMG_2326_1












酢じゃこの前に・・・
昨日の話題、保険について、本をざざ〜っと読んでから・・・
思ったこと、感じたこと。

保険がわかりにくい理由は、複雑だから・・・
だいたい素人がわかるような仕組みにはなっていない。
だからこそ、
加入者が、自分でわかる範囲の保険に入ろう。

保険の年間支払い金、それが、何十年と続いたら、
いったい一生でどれだけの大金を払うのか・・・
だからこそ、
適正な金額の保険に入ろう。

てなてなこと・・・書いてあった。

入院保障は必要か? がん保険は必要か?
この二つについては、考えさせられる内容だった。

さてさて、
この本を読んだ後、ネットで、あちこち見ていたら、
おもしろいサイトがあったので、紹介。

「保険料シュミレーション」
自分の年齢とか、年収とか、配偶者がいるとか、子供がいるとか、
まあ、いろいろ書きこめば、月々の保険料が出てくる。

死亡保険・医療保険・就業不能保険の3つの保険料が、
それぞれに計算されて出てくるので、そこのところが興味深い。

死亡保険だけでいい人は、それだけに加入すればいいし、
医療保険だけでいい人は、それだけに加入すればいいし、
全部必要な人は、全部加入すればいいし・・・

【注意】
ここの保険会社の保険料シュミレーションが、興味深かったので、
ここに紹介しただけであり、
ここの保険会社が、お勧めだとか、お勧めでないとか、
そんな意図を込めて、ここに紹介してはいない。
保険を選ぶのは個人の責任です。
あくまでも、シュミレーションとして、参考までに。

さて、本を読んで、わかったことと、いまだにわからないこと、ある。
やっぱり保険は複雑だ〜。

って、思いつつも、電卓片手に、
月々の我が家の保険料支払い金の内訳、これを計算した。
なるほど、なるほど、なるほどな〜と、ちょっと納得。

もう少しお勉強してみるつもり。
どこまで追求できるか、かなり怪しい〜けれども、
わたしなりに納得できるようなところまで、追及するつもり。

保険は必要だ!なんて思っていたの、実は幻想だったのかもしれない。
それも、今回、この本を読んですごく思ったことのひとつ。

ともあれ・・・ もう少し、お勉強の余地がありそうだ。

IMG_2318_1












「酢じゃこの使い方・その3」

−作り方−

1・酢じゃこ(酢も一緒に)・市販のだし醤油・出し(なければ水)
  これをお好みの味に、やや濃いめに作っておく。

2・フライパンに油を薄くひいて、かぼちゃとナスを焼く。

3・1の浸け汁に浸ける。

4・食べる時、お好みで、ねぎの切ったのを乗せる。
  (↑一番上の写真 盛り付け例)

野菜は、かぼちゃ・なすのほかにも、
ズッキーニ・新じゃが・さつまいも・シシトウ・オクラなどなど、
今からの夏野菜が、大活躍する。

夏場、たくさん作っておいて、冷蔵庫でうんと冷やして食べるのが好き。
かぼちゃとかさつま芋とか、やや甘めの野菜が、酢じゃこの酢で、
さっぱりとした味に仕上がるのが好き。

やっぱり、ビールが一番よく合う!