P1030379_1













ハーブを植えてみた。
パープルセイジ・タイム・セルフィーユの3種類。
どれも、お料理で使うもの。
使えるぐらい十分に育ってくれると、うれしいな〜♪

・・・

お友だち、子供が3人。
家にはモノがいっぱい。でも、捨てられない。もったいない。
どうしたらすっきり暮らせるか、それが彼女の悩み。

う〜ん、ある程度、モノは厳選して処分しなくちゃ、
気持ちのいい暮らしは出来ないかもねぇ・・・と、話してはいたが。

彼女の子供のうち2人の男の子、大学に行くために家を出た。
今は、夫婦と3人目の女の子の生活。

ある日、ふと、目覚めた!
モノ、多いんじゃない?
で、片づけスタート。

黒いビニール袋にどんどんいらないものを入れていったら、
あらら・・・ すごい数の黒いビニール袋。
それらは、全部処分した。

そして、先日、3番目のお譲さんが修学旅行に出かけた。
久しぶり、夫婦ふたりになってしたことは・・・

片づけ!

土日の休み、夫婦して、家じゅうのモノの見直しをした。
それで気がついたことは、半分はいらないモノということ。
処分して、処分して、処分したらしい。

すると、今まで見えなかった空間が見えてきて、
なんともすっきり、気持ちのいいこと、いいこと。

彼女が晴れ晴れとした顔で話すには・・・

洋服なんて、本当に着る服は少ない。
洋服だけじゃなくて、いろいろなもの、
本当に無駄なものいっぱい買っていた。
捨てるときに見たら、もう、本当にイヤになっちゃった・・・

いろいろなモノ、かわいい〜、便利よさそう〜、安い〜って、
家の中にどんどん持ち込んだ結果が、こんなになったんだよね・・・
と、彼女の自己分析を聞いた。

うんうん、いいところに気がついたね。

あのね、わたし、基本100円ショップ嫌いなの。
なぜなら、安いから。
安いから、気軽に買っちゃうでしょ、それが怖い。

台所用品は、基本、100円ショップで買わない。
例えば、レードル、買うなら、うんといいのを買う。
2000円ぐらいなのを買う。
すると、これ、ずっと使える。

高いから、買う時、どれを買うか慎重になる。
だから、あまり家にモノを持ち込まなくても済む。

それからね・・・
それでもね・・・

何か買いたい気分の時がある。
イライラの時、自分へのご褒美の時、
理由もないけれども何か買いたい時。

そんな時、その時の買える値段の中での最高級を買う。
例えば、予算3000円で、安いTシャツは買わない。
数回着て、きっとイヤになるのはわかっているから。

3000円なら、靴下を買う。
または、キッチンクロスを買う。
これなら、3000円だったら、最高級ってまではないかもしれないが、
その部類の中では、なかなかいいものが買える。

ずっと使える。使っている間、気持ちがいい。
なんたって、最高級品だから。
それに、邪魔にならないしね・・・

彼女、ふ〜ん、って聞いていた。
で、その時見せたのは、オールドマンズテーラーのハンカチ。
これ、たぶん3000円ぐらいの値段。
高いけれども、いつも使う時、気分がいい。

まあ、こんな気分になるまで・・・
わたしも、ないお金をいっぱい使ったと思う。
お金を使って、それで、勉強したと思う。

まだまだ、甘いな〜って思うところはいっぱいだけど、
最近、変な無駄遣いはしなくなった。
人間、少しは落ち着いてきたのかな^^

季節が進んで、周りが秋冬になってきた。
欲しいな〜って思うものは、いろいろあるけれども、
ちょっと立ち止まってみる。
そんな余裕がある自分が、今は一番うれしい。

・・・なんてなんて、言っちゃったけど・・・・・・・
   きっと、街中に出たら、欲しいものが山ほど見つかる。
   で、また、ワナにひっかかっちゃうのだ・・・
   ああ、悲しい・・・