P1030347_1














久しぶりのブログ更新です^^;

とにかく忙しかった! でも、いっぱい楽しかった!

県北のお友だちの家に遊びに行った。
帰ってきたら、あらら、マンション内ママの飲み会があって、
そちらに急きょ参加して、焼酎の飲み比べをしたら、酔っ払った!

次の日、県北のお友だちの畑からいただいた野菜、
これで、いろいろ作って、気持ちと冷蔵庫内は豊かになった。
ありがと、珍しいお野菜をいっぱい!

長男夫婦が帰ってくると言うので、その用意もする。
長男夫婦が帰ってくるとなると、次男家族もやってくる。
いっしょにごはんを食べる準備をする。
野菜と準備で、半日以上は、キッチンにいた。楽しい時間だ。

日曜日、オットのお誕生日だった!

誕生日だったけれども、
オット、朝から島根県まで仕事だと言うから、一緒に行った。
昼からは、オット、仕事の残りがあると言って会社へと、単独で行った。
お誕生日、まあ、やりたいことをするのが一番かも・・・
と、少々苦笑気味に、オットを送りだす。

島根から帰ってきたら、みぃ〜ちゃんが、「遊ぼ〜♪」って待っていた。
急いでお昼ごはんを作って食べた。

お昼からは、みぃ〜ちゃんのボーイフレンドのmくんとたちと、
公園に行って遊ぶ。

その後、お家で、mくんたちとビーズをして遊び、
その後は、おままごとに、かくれんぼに忙しい。

みんなが帰って、オットも帰ってきて、
ささやかなお誕生日会ということで・・・
歩いて、ディッシュ堺町へと行く。
ほろ酔い加減でのお誕生日、この一年も元気でありますように。

月曜日の夕方、長男夫婦を広島駅まで送り届けて、やれやれ、やれやれ。
やっと、普通の日々が・・・

・・・

「一番楽しいところはコーエン!」というみぃ〜ちゃん。
わかるよ、わかるよ。子供にとって、コーエンは最高の場所だよね。
いっぱいいっぱい遊ぼうね。

今回は、mくんの自転車を借りた。でも、まだ、上手く乗れない。
う〜ん、ばんたん、mくんとおそろいの自転車買ってくるからね。
また、練習しようね。mくんといっしょに練習しようね。

忙しい中、バタバタの中、それでも、子供と公園で遊ぶのは楽しい。
遊ぶと言っても、もう一緒に遊ぶと言うより、見守るって感じ。
お友だちと一所懸命に遊んでいる姿を見るのは、うれしい。

子供にとって、公園は社会生活のスタートの場だと思う。
ここで学ぶことは、多い。
というか、ほとんどのことは、公園で学べる。

お砂に触れ、いろいろなものを、自分の手で作ったり、壊したり。
お友だちとおもちゃを奪い合ったり、譲ったり、そして、泣いたり。

お山に登って、降りるとき、こけそうになって・・・
あれだけ、アブナイって言ってもわからなかったのに、
一度、こけそうになると、その後は、慎重になるみぃ〜ちゃん。
う〜ん、学んだな!って、ばんたん、ひとりで苦笑い。

今の季節、葉っぱがいっぱい落ちている。
それを拾って、赤いだの、黄色いだの、虫食っているだの、
棒を拾って振り回して、叱られたり、そこで、また学ぶ。

「怪獣」の子供、ちょっと苦手。
「怪獣」の意味は、ルールがわからない子。
子供が悪いわけではない。親が教えていないだけ。
そんな子供は、不幸だと思う。

mくんも、みぃ〜ちゃんも、幸いにも「怪獣」ではない。
4歳児なりのルールをちゃんと身に付けている。
その点では、4歳児のジェントルマンとレディーだ。

こんな子供は、好き。
子供として好き、というよりは、人間として認めてあげる、って感じ。

「怪獣」の子供を見ると、悲しくなる。
子供が本当にかわいそうになる。

みぃ〜ちゃん、そして、なっちゃんが「怪獣」にならないように、
いっぱい公園に連れて行って欲しい。
ばんたんも、時間がある限りは、公園に連れて行ってあげたい。

・・・というか、公園で、一緒に遊びたい・・・
年を取ってからだって、公園で学ぶことはいっぱいあるんだ〜♪

やっぱ、みぃ〜ちゃんが言うのは正しいかもしれない。
「コーエンは、一番楽しい場所!」