P1050251



























曇り空が続いた日々・・・ 
昨日は、朝からすごくいいお天気。
シーツを気持ちよくお洗濯する。

そして、
空を見ながらの夕ごはん。
オットの帰りが早かったので、まだ青空が見える中、夕ごはん。

今朝、朝から雨。
しばらく雨模様。そんな季節なんだね。
梅雨が過ぎたら、また、暑い夏が来る。

P1050258















オットの着古したチノパンツを再利用した、バッグ。
このチノパンツ、大好きだったみたいで、破けても着ていた。
あまりにもボロボロ・・・だったので、繕って、繕って・・・
もうこれ以上はダメだろ・・・ってとこまで着た。

そこまで好きだったチノパンツ、くたくたになったチノパンツ、
なぜか捨てられなくて、バッグにした。

P1050261















内布は、
やっぱりオットの大好きな、オックスフォードのボタンダウンシャツ。
胸のポケットは、そのまま再利用。

反対側には、肩部分のヨーク(この部分二重)を利用して、ポケット。

シミや汚れがいっぱい付いている。
でも、そこがかわいいと思う。
というか、感謝しなくちゃね、そんなにして仕事することに。

P1050262















大好きだった、チェックのシャツ、その袖口を切ってポイントに。
ボタン、赤と黒。
赤いボタンが使ってあったなんて、昨日気がついた!
にくいね!

バッグの反対側には、このチェックのポケットをつけた。

P1050259















全体は、こんな感じ。
持ち手は、ボロボロ感が出ないように、こげ茶の革を使った。

オットもびっくりのこのバッグ。
うふふ・・・お店の人は、もっとびっくりするかな?

洋服、基本処分するんだけれども・・・
思いのあるものは、一定の期間保存しておく。

そして、思い立ったら、ザクザク切って何かを作る。
どっちみち処分する対象のものだから、
あまり考えずに、出たとこ勝負で切る。
とにかく、思いっきりはさみで切る。

今までの経験から言って、
あまり考え過ぎたり、ためらい過ぎると、たいていは上手くいかない。
とにかく、思うままに、ザックザックと切るのがいいみたい。

たまには、失敗することもある。
その時は、処分すればいい。どっちみち処分対象だったものだから。

ただ、ボロを縫って、新たなモノを作るから、手は抜かない方がいい。
芯など貼るところは、ちゃんと貼ってやる。
バッグなら、表と内布をきちんと合わせる、などなど・・・

持ち手は、バッグの「勝負どころ」だから、特に気合いを入れる。
ここが手抜きだと、バッグ全体が「ぼける」

だいたい、持ち手が決まらないバッグは、ぼけバックになると思う。
だから、気合いの入れどころ!

この持ち手は、バッグ展に出すバッグの持ち手の試作でもある。
手に食い込まないように、持った時に優しい、そんな持ち手、
それを考えたのを形にしたもの。
ただ今持ち手、試行錯誤中!

・・・

さてさて、処分の服、もう少しある。
次は、何を作るかな〜ぁ〜〜〜

・・・なんて、バッグ展のバッグを作らなきゃいけないのに、
・・・なぜか、気分は他のことばかり向いてしまう。。。
・・・持ち手だけじゃ、バッグはできないよ。。。