P1050381_1















ベランダのバジルが立派になったので、ジェノバソースを作る。
孫のみぃ〜ちゃん、一番好きなパスタが、このジェノバソースのパスタ。
ニコニコして、いっぱい食べた。

バジル、ベランダの分だけでは足りそうにない。
どこかで、バジルを調達しなくては・・・

・・・

【最近の友だちとの話し・その1】

わたし「あのさ〜、最近夜中に目が覚めてね、眠られん・・・」

友だち、笑いながら、
「そりゃ、いくらんなでも、夜9時に寝たら目が覚めるよね。」
「だいたい、その歳になったら、みんな夜は寝られんのよ。」
「今まで、何の問題もなく寝られた方が、おかしい。」

そんなもんか〜? とも思う。

いやいや、9時じゃない、10時ごろ寝る努力はしている、が・・・
2時過ぎに目が覚めて、その後4時過ぎまで寝られない。

友だちが、睡眠導入剤を使ったら、朝までぐっすり眠られるよ、
とアドバイスしてくれる。

が、今のところ、夜中に目が覚めても、そんなに苦でもない。
というか、苦に思わないようにしている。

わたし自身、この夜中の目覚め、更年期だからかな〜って思っている。
まあ、更年期なら、そのうち治るでしょうし・・・
それに、毎日、夜中に目覚めるわけでもない。

目が覚めたら、いちおう、もう一度寝ようとする。
が、無理そうだな〜って思ったら、思い切って起きる。
その点、今の季節、夏はいいな〜、寒くないもん。

それで、ごちょごちょと、何かを始める。
さすが、キッチンでの作業とか、ミシンでの作業は、音の問題で無理。
でも、あまり音の出ないことならば、静かにする。

または、ベランダ近くの椅子に座って、外をぼ〜っと眺める。
道路を走るトラックを見ながら、誰がどんな思いで運転してるのかな〜
などなど思いをはせる。

そんなこんなで、4時過ぎると、眠くなるのである。
で、寝ちゃう。
この時は、すぐに寝ちゃう。けど、次起きるのが大変。

朝はウォーキングをしているから、5時過ぎには起きたい。
でも、2度寝の後、5時過ぎは辛い。
ついつい6時近くまで寝ちゃう。

この前見た睡眠障害についての新聞の記事、
日常の生活に困難を及ぼすぐらいの睡眠障害については、
医師の受診をした方がいいという。

わたしは・・・日常生活の困難!? 
う〜ん、夜早く眠たくなるぐらい。
それと、
家にいる時、お昼ごはん後に、10〜15分お昼寝するぐらいかな。

それ以外は、問題ない。

でも、これ、冬になったら辛いね。
お布団から出るの、寒いもんね。

まあ、それはそれで、その時に考えよう。
今、考えなくてもいいことは、あえて、今、考えない。

【最近の友だちとの会話・その2】

友だちが、
「私、優しくない人、嫌い。」と言う。

「えっ!? 優しくない人!? それって具体的にどんな人?」
と、わたしは聞く。

ふんふん、ふんふん・・・なるほど・・・
具体的な例を聞いて、うん、わたしもそんな人嫌い〜と思う。
というか、思っていた・・・

突き詰めてみたら、どんな人なのかわかった。

「自分さえよければいい人」

人に対しての配慮がない人かな〜?
自分はいいとこ取りしたいけれども、
自分からいいとこを出すことはしない。

英語で言ったら、ギブ&テイクの中の、
テイクばかり、つまり、「他人から取るばかり」で、
「自ら人に与えることをしない」 つまり、ギブがない。

いるいる、いるいる、いるいる・・・あの人だ〜っ!

と思いつつ、後からじっくり考えた。
わたし自身も、そういうところがあるかもしれない。
イヤ、きっとあるだろうな・・・

人間なんて、突き詰めたら、そんなもんかもしれない・・・