ただ今、九州の母の家。
キッチンリノベーションの最中。

月曜日、午後から既存のキッチンにあるモノをすべて出す。
火曜日、キッチンの取り壊し。
水曜日、今日は、壁紙、天井、フロアの張り替え。
木曜日、キッチン搬入取り付け。
金曜日、新しくなったキッチンにモノを戻して終了予定。

月曜日、キッチンの中を見ると・・・
まあ、いろんなモノがいっぱい・・・
わたしの目には、ほとんどが、不用品にみえる^^;

母曰く、もらい物、引き出物、などなどらしい。
まあ、数は多くあるが、使い勝手は悪そうなものばかり。
余りの多さに、ため息も出ない。。。

それでも、次の朝には工事に入ることは決まっているから、
とにかく、片づけをする。

片づけるといっても、捨てなきゃ、処分しなくちゃ、どうにもならない。
で、使い勝手の悪そうなモノ、重複するモノなどなどを、
処分対象にする。

全部で、ビニール袋8杯分!

母は、かなり思い切った処分のつもりだが・・・
わたしにしてみれば、ま〜だま〜だ捨てられる。

・・・って、処分しないと、新しいキッチンに収まるかどうか・・・

というのが、新しくなるキッチンだが、収納場所は少ない。

なぜならば、多くを持たない生活をして欲しいからだ。
必要最低限度、とまではいかないけれども、
必要最低限度プラスアルファ、
その程度が、80歳を迎える母にはちょうどいいと思うからだ。

処分からスタートした、台所革命だが、
台所のみならず、あちこちの棚も、ちょっと覗いてみる。

あ〜っ、見なけりゃよかった。。。

うんざりするほど、モノがあるぅ〜ぅう!

どうなることやら・・・  つづく・・・