P1080003_1




















お風呂場、なるべくモノを置きたくない。
なぜならば、お掃除が簡単なように。

以前は、
オット用、わたし用のそれぞれのシャンプーやコンディショナーなど、
いろいろ置いていたら、かなりの数のボトルが・・・

なるべく数を減らしたいからと、オット用とわたし用をいっしょにした。

あれを使ったり、これを使ったり、その間数年以上・・・
いろいろ試してみて、ほぼ、使うのは決まってきた。

我が家のラインナップは、以下

↑写真左手前より

ボディーシャンプー パックスナチュロン(太陽油脂)
せっけんヘアーシャンプー パックスナチュロン(太陽油脂)
ヘアーコンディショナー 母より来たもの メーカー不明

洗顔石鹸 釜焚き枠練りせっけん (松山油脂)
肌に柔らか柔軟クレンジング  (松山油脂)

かかと用軽石 メーカー不明

スプレーボトル入り クエン酸&重曹&水 風呂掃除用 自家製

ちょっと見えている 洗濯石鹸 メーカー不明

正直なところ、どんなものがいいのかわからない・・・
だから、なるべく自然に近いもので、肌に優しいもので、
お値段もずっと買い続けられるもので、
そんな基準で選んだのが、以上。

ヘアーコンディショナーは、母からもらったのがもうすぐなくなる。
これは、ちょっと悩んだんだけど、値段的にお高そうだから、
使い続けるのはやめることにした。
これは、たぶん、他のに変更予定。

いくらいいものでも、値段の高いものは、使い続けられない。
その点、以上のセレクトは、ずっと続けられそうな値段。

今のところ、これを使い続ける予定。

ただ、パックスナチュロンシリーズは、ボトルがお洒落じゃない・・・
これがいささか不満なんだけど・・・

実は、おしゃれなボトルに入れ替えてみた。
パックスナチュロンのシャンプー類は、泡泡になって出てくる。
だから、泡泡になるボトルが必要。

市販の他のボトルを使ってみたのだが・・・
これが、なかなか、同じような泡が出てこない。

それで、パックスナチュロンのボトルをそのまま使うことにした。
この、ケロケロケロッピみたいな緑のまぁ〜るいボトル、
ちょっと苦手なんだけどなぁ・・・タメイキ。。。

メーカーに、もう少しおしゃれなボトル、お願するかなぁ・・・

後、今考えているのは、このシャンプー類を入れているのが、
無印のプラスチックの入れもの。
これ、底が、べたっと下に着くから、あまり好きじゃない。
他にいいのが見つかれば、変えたいと思っている。

ボトルとか置いている、その前は、鏡。
鏡に映っているのが、お風呂のふた。

お風呂は入った後、お湯をぬいて、掃除をする。
シャワーであちこち流した後、ふたは、こうやって広げておく。
その方が、乾くと思うから。

鏡の上の方に映っているのが、風呂掃除のブラシと布。
普段は、布(無印の5枚500円の布)を使い、
手でゴシゴシと風呂を洗う。

洋服を着ていて、掃除をするときは、それがめんどくさい。
その時は、ブラシに柄のついたのでこする。

ちなみに、洗剤は普段は使わない。
クエン酸と重曹入りのスプレーを使う。
お風呂用の洗剤は、大掃除の時に使う程度。

シャワーの下の方にぶら下がっているのは、顔洗い用の泡立てネット。
乾くように、洗濯バサミでぶら下げている。

洗面器は、汚れたら洗うけれども、2年も使うと、
なんだか黒ずんで来て、それが、なかなかきれいにならない。
だから、その時は、買い換える。
今のところ、スーパーで普通に売っている、お安いもの。

椅子は、見えないけれども、無印のお風呂椅子。
これ、掃除を丁寧にすればきれいになるけれども・・・
底の部分が掃除しにくい。
だから、いいのが見つかったら、買う予定。

お風呂には、小さな窓がある。
たいてい開けっ放しにして置く。
そのせいか、カビカビしない。
これは、ありがたい。

このマンション以前は、窓のないお風呂で、カビがすぐに来ていた。
だから、カビ掃除が頭の痛い問題だった。
その点、カビカビしないから、今は楽ちん。

それでも、たぶん、わたしの知らないところにカビはいるはず。
それに、湯垢っぽいものも付いて来る。

見つけたら、なるべく早くお掃除したいと思うけれども・・・

たいていは、見てみないふりをする^^;

で、それ以上は、見ないふりが出来なくなったら、
覚悟を決めて掃除をする。

そろそろ、掃除をしなくちゃいけない。

お風呂の横の「スカート」っていう部分を外して、
本格的にお掃除をしなくちゃいけない時期が、来ている。
梅雨の中休みに、やらなくちゃねぇ・・・

☆パックスナチュロンは、ただ今詰め換え用を使用中。
 ボトルに半分ほどシャンプーを入れ、後の半分は水を入れる。
 我が家の、シャンプーとボディーシャンプーは、水増し^^