P1080504_1















パン教室、お昼にはパンと共にサラダを先生が用意してくださる。
先日、そのサラダのドレッシングは、柑橘系のドレッシング。

家に帰って、さっそく、そのまねっこドレッシングを作ってみた。

食べたドレッシングの柑橘は、たぶん、八朔か夏ミカンのようなもの。
でも、我が家には、オレンジしかなかった・・・
ので、オレンジ果汁を絞って、それでドレッシングにした。

今回、煎り酒を旨みとして加えてみた。

煎り酒とは、塩こうじの次にブームが来るのではないか!?
と、わたしは密かに思っているのだが、
まだ、そのブームは来ていないみたい・・・

日本酒+梅干し+カツオ節、これで作る調味料。
お醤油とは違う、上品な味が特徴。

これ、意外と長持ちする。

実は、実験と称して、去年作ったのを少しだけ、冷蔵庫に保存している。
今の時点で1年以上経つが、いまだに変化なし。
ということで、この調味料、長持ちすることがわかった。

「おいしいテーブル」で、ドレッシングとか作ると、
どのくらい持ちますか〜?っていう質問がくる。
だから、しばしば、このような実験をする。

失敗もある。
先日、珍しく生のビーツを発見。
これをうす塩で茹でて、どのくらい保存できるか・・・

この実験、1週間後に見たら・・・
あらら、もう変になってしまっていた・・・残念。
これは、気楽には使えないという結果に。
ピューレにして冷凍保存かな?と、思っている。

P1080501_1




















オレンジドレッシングは、朝のサラダと共に。
昨日の残りのトマトサラダ、それに、残りの枝豆、
これを少しだけトッピングして、サラダに添える。

オレンジドレッシングがさっぱりして、夏にはいい感じ!

写真左は、「きゅうりの胡麻酢」
夏になるとたくさん作る、我が家の定番料理。

今回は、黒酢を少し加えて作ってみた。
黒酢100%だと、ちょっと味がキツイので、
黒酢20%に千鳥酢80%ぐらいの割合で作る。

これを作るには、昔ながらの、いぼいぼの付いたきゅうりがお勧め。
スーパーとかでは、なかなか見かけないが、
産直市とかでよく見かける。
山本さんの野菜でも、これがくるので、うれし〜。

これ、買ったらすぐに食べたほうがいい。
なぜなら、すぐに中が白くなるから。

我が家は、このきゅうり、今回は3本あったけれども、
全部「きゅうりの胡麻酢」を作った。
これを冷蔵庫に入れておけば、2〜3日大丈夫。

朝ごはんのときなど、パンでもごはんでも、少し添える。
実は、おやつにもこれ、おいしい〜。

まだまだ、我が家、他のきゅうりもあるから、そちらでも作る予定。

きゅうりとナス、今から、おいしく安くなる。
これらを、いっぱい作って、冷蔵庫で冷たくして食べる。
それも、朝から食べる。

これ、ミネラル、塩分、水分を取って、朝から熱中症対策。

さて、今日も、冷蔵庫の野菜で、いろいろ作ろ〜っと!