P1080971_1





















美味しくて、心地のよいレストランというものは、なかなかない・・・
という話し、「お家おいしいテーブル」で出た話題。

確かに、それなりのお店に行けばいいのでしょうが、
お財布事情もいろいろなので、なかなかいつも、とはいかない。

肩ひじ張らずに行ける、レストランや食べもの屋さん、
サービスも家庭的で、子連れでも安心して行けるお店、
どこかにないでしょうか?

日曜日、孫二人が急に遊びに来ることになった。
急なことなので、お昼ごはん、どうしょう・・・となって、
近所のファミリーレストランに行くことにした。

12時うんと前なのに、店内はいっぱい。
少し待って席へと。

孫たちは、お決まりの「お子さまランチ」
ひとりは、カレー&から揚げのランチセット。
もう一人は、ハンバーグのランチセット。

わたしは、今フェア中という、きのこのハンバーグ。
ただしセットじゃなくて、ごはんを別に頼む。
☆もしかしたら、セットの方が安かったかも・・・?

お水もお手ふきも、待っていても持って来られないから、聞いた。
自分で取りに行くみたい・・・知らんかった。。。

孫たちは、ジュースが欲しいというが、これは却下する。
そちらばかりでお腹がいっぱいになりそうだもの。

しばらくして来たお料理、見て、悲しくなった。

想像はしていたものの、冷凍ものをチンするか、揚げるか、温めるか、
そんなものがお皿に乗っている。

レタスの葉っぱ一枚、ブロッコリーの茹でたのひとつ、
ミニトマトのひとつ、そんな野菜も添えられていない・・・

店内では、日曜日のお昼だから、家族連れが楽しそうにお食事中。
みんな、おいしいと思って食べているのかしら?

帰り道、うんとうんと悲しい気持ちになった。
そして、うんとうんと落ち込んだ。

家で、せめてものチャーハンでも作ってやればよかったと・・・

孫たちは、ファミレスで食べて、おまけのガチャガチャができて、
とても楽しかったと言うが・・・

わたしは、やっぱり、心が晴れない・・・

昼からは、折り紙をしたり、ブロック遊びをしたり、
近所のお友達も来て遊んだ。

夕方は、近所をお散歩。

帰ったら、おチビちゃんの方は、疲れたのか寝てしまった。
そこに、パパがお迎えに来て、ばいばい。

また来てね。

次は、何か作るから。
ご馳走はできないかもしれないけれども、
それでも、ちゃんとしたお魚かお肉、それに、
ミニトマトやブロッコリーぐらいは用意するからね。

・・・

ファミリーレストラン、もう少しどうにかならないのかな?

食べていたら、お皿を下げにくる。
孫たちの飲みかけのコーンスープ、お水も下げられた。

早く帰れ・・・の意味!?

わたしの料理も途中のところ、下げてもいいですかと・・・
食べる気もうせて、はい、下げてください、と。

チンして、揚げて、温めて、配って、皿下げて、はい次!

ベルトコンベアーに乗せられた「モノ」みたい・・・
もう少し、人間的な扱いをして欲しい。

もう行かない。

というよりも、行くと選択したわたしが、イケナイのね・・・反省。。。