IMG_0175


☆この会での話題
 「どうしてパリが好き!?」って聞かれた。
 自分でも、はっきりわからないが・・・
 最初にパリが好き!と思ったきっかけの映画がある。

 それが、今夜9時からBSで放送される映画「シャレード」
 観たのは、小学生の頃。
 
 映画、冒頭のシーンから、びっくり。
 スキー場なのに、なぜかプール・・・不思議だった。。。
 そして、
 オードリーがパリの自宅に帰ると・・・
 あらら、家の中に何もない・・・
 その家の天井の高さ、クローゼットの大きさにびっくり。
 オードリーの服にも、小学生ながらうっとり。
 セーヌ川沿いの景色もいい。
 
 お話は、ミステリーなんだけれども、なかなかよくできていると思う。
 誰が、オードリーの味方で、誰がオードリーの本当の敵なのか・・・
 
 パリの景色、オードリーのファッション(ジバンシーの服素敵!)
 そこに、謎解きのストーリーと、
 パリ好き、映画好きには、たまらない映画かもしれない。
 
 もうひとつ付け加えるなら、
 音楽は、ヘンリー・マンシーニ、この曲もすっごくいい。

ボージョレ解禁の翌日のワイン会。
お店にあった4種類のワインを飲み比べてみる。

う〜ん、かすかに違うような気もするが・・・
わたし的には、ほとんど同じ味のような気もする・・・
正直なところ、よくわかんない。

わかることは、ボージョレ、おいしいけれども、
そこまでして飲むかぁ〜!?ってほど、好きではない。
普通のワインの方が好き。

お店の人も、まあ、お祭りですからっていうように、
そんな季節ものかもしれない。

でも、日本酒の新酒、絞り立てはおいしいよね〜〜〜

IMG_0170


ワインのお供には、チーズ、ハム、野菜のピクルスなどをいただく。
こんなものがワインには合うね^^

家飲みのときは、
お醤油で煮たような、そんな「和」のおかずで、ワインを飲む。
わたしは、おしゃれじゃないけど、和とワインの組み合わせが好き。

IMG_0177


そば粉のガレットを、最後の「しめ」にいただく。

ここのお店のガレットは、あっさりしていておいしかった。
チーズの量が控えめなのかしら?

ガレット、あまりどうでもよかったけれども、
こんなガレットなら、お家で作ってみてもいいかもしれない。

・・・

ボージョレ、最初にブームだった頃は、
予約して、それなりにお高いのに、2〜3本買っていた。

あの頃は、おいしいと思っていた、ような気もする・・・
たぶん、気分的においしかったんだ、と思う。

今、考えたら、
完全にブームにのせられた、そんなのりだった。

今、冷静に考えたら、
普通の赤ワインの方が、絶対に好き。
もちろん、場合によっては白ワインも好き。

ボージョレ、テレビとかマスコミとか、うんと騒ぐから、
飲まなくっちゃって感じだったけれども・・・
最近は、どうでもよくなってきた。

同じように、どうでもいいものは、
クリスマスのケーキ、子供がいない限り、我が家はなし。
バレンタインのチョコなんて、べつにぃ〜って感じ。
節分のときの恵方巻き、これも、わざわざというほどでもない。

お正月のおせち料理、我が家で手作りできる範囲でいい。
デパートとかでずらっとそろった既製品のおせち、
我が家は、どうでもいいもの。

我が家での食のイベントは、年に一度、
節分朝搾りの新酒のお酒ぐらい、かな!?

後は、どうでもいい。

イベントよりも、日々のごはんを楽しく食べること、
こちらの方が、ずっと大切だと思っている。