今朝は、朝1時すぎから、テレビを観た。
涙でくしゃくしゃになった。

8つの3回転、すべてとんだ とびきった!!! おめでとう!

日本中がほっとした気持ちになった。

よかった、よかった、よかった。 そして、ありがとう。


P1090672


京都、出町柳から、叡山鉄道に乗って、ゴットンゴットン30分。
終着駅が、鞍馬。
ちょっとレトロな駅。

紅葉の頃は、すごい人らしいのですが・・・
冬だから、それも、平日だから、電車はガラガラ。
ゆったりと座って行けます。

二日目の朝、オットにどこに行きたいかと聞いたら・・・
鞍馬寺と、答えました。
冬の鞍馬寺かぁ・・・と思いましたが、まあ、行ってみましょ、
と、とことこ出かけて行きました。

P1090674


駅を出たら、すぐに、こんな「天狗」がお迎えしてくれました。

P1090676


駅からすぐに、鞍馬寺の入り口があります。

P1090680


こんな階段をのぼって行きます。

京都市内、寒いけれども、雪はありませんでした。
が、ここは、京都の北。
山は白く、道には雪が残っているところもあります。

P1090681


本殿は、鞍馬山の中腹にあります。
ケーブルカーがあるので、それに乗ります。

P1090682


とってもかわいいサイズのケーブルカーです。
紅葉の頃は、すごい行列になりそうです。

P1090685


ケーブルカーを降りてからも、歩きます。
雪が積もっています。
そして、雪がちらちら降っていました。

P1090687


やっと、本殿が見えてきました。
人は、少ないです。

P1090694


本殿から、境内を見ます。
人が歩くところは、ちゃんと除雪してあります。

ここから、山に向って、まだ、登ります。

実は、鞍馬寺の山向こうには、貴船神社があります。
山道を歩いて、山越えをしたら、貴船神社に行き着くのです。

オットは、行きたいようです。
わたしは、こんな雪で、遭難するんじゃないか・・・と思っちゃいました。

P1090696


こんな道を、ぐんぐん登って行きます。

わたしの靴は、ヒールのないぺったんこのブーツですが、
街歩き用のブーツですから、ちょっとしんどいです。
滑ります。

もう、これ以上は、無理です。

鞍馬山を登れたとしても、貴船神社への下り、
こんな凍った道では、わたしの靴では無理です。
それに、本当に、遭難しそうです。。。

そんなとき、オットはわたしに言いました。
「もう少し上まで行ってみたいから、ここで待っていて・・・」と。

P1090695


小さなほこらがあるところで、ひとり、待ちました。

古びたほこらの軒先で待ちます。
なんの音もしません。

し〜ん〜〜〜〜〜〜

雪がちらちら降ります。

軒先で、背中をほこらの方に向けていると、
誰かが後ろにいそうな気がします。
何度も、何度も、振り返ってみます・・・心細い。。。

源義経が小さな頃、まだ、牛若丸だった頃、
この鞍馬寺に預けられました。

そして、この鞍馬山で、天狗に出会い、
その天狗が、牛若丸に武術を教えた、という伝説が残っています。

ひとり、雪の中で待っていると、天狗が出てきそうな気がします。

あ〜〜〜こわいぃ〜〜〜

心の中で歌います。
♪ぼくらは、みんなぁ、生きている、生きぃているから、悲しいぃんだ〜♪
元気いっぱい、心の中で歌いますが、心細さはピークに!

はぁ・・・早く帰ってこないかな・・・

永遠に待った気分ですが、たぶん20分程度だと思います。
やっと、オットが帰ってきました。

天狗は、出ませんでした、ほっ!

まあ、牛若丸なら、武術の訓練をするかもしれないけれども、
わたしみたいな、おばちゃんを相手には、
天狗も、めんどーくさいよねぇ・・・笑

P1090699


本殿横の無料休憩所で、一休み。
鞍馬口のお団子屋さんで買った、山椒団子と草団子です。
あんこの団子ですが、山椒がぴりっとして、いい感じ。

ホテルの朝食で取って来た、トマトジュースを一緒に。

P1090704


帰りは、ケーブルに乗らずに、山道を下りました。
半分凍っていたので、それに、びしょびしょのところもあって、
滑りそうで、びじょびじょになって・・・涙。。。

それでも、ご褒美なのか、途中、立派な杉に出会いました。
ご利益のありそうなところです。

電車の駅に着いたときには、ブーツの中が濡れて、泣きそうに・・・

電車、すごく暖かだったので、ブーツを脱いで、
持って行っていた、替えの靴下にはきなおし、
ブーツは、電車のいすの下から吹き出す温風で、乾かしました。

また、30分、ガッタンゴットン。

ブーツ、少しだけ乾きました。

☆オット、鞍馬山から貴船神社に抜け山道、行ってみたいと。
 わたしも、季節がいいなら、行ってみたい。
 そのときは、リュックで、靴もちゃんとした靴で、
 それから、山登り用のポール(杖)も欲しいです。
 ゆっくり3時間あれば、歩けそうな気がします。