P1090745


レトルトな店内。

ここは、京都イノダコーヒー本店。
創業当時のままの店舗が、一部残っている。

モーニングを食べたときは、リノベーションした2階だった。

もう一度、コーヒーを飲みたいとオットが言うので、夕方行くと、
古い方の店の席に案内された。
ラッキー!

P1090744


何をするものか、よくわからないけども・・・
オットいわく、ガス湯沸かし器だと言う。
ほんとかな・・・!?

P1090747


懐かしい、果物の缶詰を入れた棚もある。
昔食べた、パインアップル!?の缶詰の缶もある。

缶には、パイナップルの絵が描かれている紙が巻かれていた。

P1090746


角の席、レトロな感じが懐かしい。

ここでは、先ほどまで、80ぐらいのすごくお上品なお母さんと、
その娘さんだろうと思われるご婦人の、おふたりがコーヒーを飲んでいた。
一緒に、ケーキも食べて、仲良く話していた。

実は、20歳の頃、一度、イノダコーヒー本店に来たことがある。
コーヒーの味がなんだかわからなかった頃。

落ち着いた店内を、なんとなく記憶しているような、してないような・・・
まあ、36年前だもの、あやふやなのもしょうがない(笑)

P1090743


わたしにしてみれば、びっくり値段のイノダコーヒー。
でも、おいしい。

コーヒーそのものもおいしいし、
この雰囲気がプラスαになっているのは、言うまでもない・・・

普段は、家で豆を挽いて、丁寧にドリップしたのを、保温ポットに詰めて、
オットは持って行く。
外でコーヒーは飲まない。

飲む時間もないし、また、外のコーヒーは高いから、と言う。
まあ、最近は、コンビにコーヒーもあるけどね・・・

たまには、ゆっくりと、素敵なコーヒー店で、
時間を気にせずに、コーヒーを飲むのもいいものだ。

ゆったりとした時間が流れる・・・