P1100260


カレンダー富士山を見た後、行きたかったところ、
それは、箱根。

毎年のお正月、楽しみにしている箱根駅伝。
特に5区の山登り、どんなところを走るか見たかった。

ということで、山中湖から、裏道を通り抜け、
(御殿場辺りが大渋滞みたいだったので・・・)
まずは、5区のスタート地点の小田原へと行く。

ここは、標高10メートル。
それで、一番高いところが、標高878メートル。
標高差867メートルを走り登るのだ!

広島の人は、宮島に登ったこともあると思うが・・・
こちらは530メートルぐらい。
あれを、登るのも大変なのにぃ・・・
それよりも、350メートルも標高が高い・・・絶句

P1100260


写真では、わかりにくいと思うが・・・
上りのカーブが続く。

P1100261


曲がっても、曲がっても、曲がっても、
上がっても、上がっても、上がっても、
上り道が続く。

P1100264


沿線にある、富士屋ホテル。
う〜ん、クラッシックの雰囲気のいいホテル。
お茶でも・・・と思ったけれども、駐車場は満杯。

P1100265


途中の標識。
右に曲がると、ポーラ美術館がある。
ここも行きたいところだけれども、今回は、箱根を「走る」

P1100266


小涌園の横を通り過ぎる。
お正月、この辺りまで人はいっぱい。

ここまで来ても、まだ登りは続く。

その後、878メートルの最高地点を経て、
次は、芦ノ湖への下りが続く。

P1100268


芦ノ湖、写真・右の奥地点が、往路のゴール地点。
つまり、復路のスタート地点でもあるところ。

「山のかみ」なんて、呼ばれた選手もいるけど・・・

5区を走る選手は、みんなすごい。
歩いてだって、簡単には登れない。
いやいや、半端じゃないぐらいの上りだった。

この5区を走る選手は、みんな「山のかみ」だ。
そして、復路、小田原へと下って行くのも半端じゃない。
膝ががくがくくるだろうな・・・

・・・

5区を車で走り抜けたけれども、
実は、小田原から芦ノ湖に抜けるには、今はいい道がある。
箱根新道、ほとんどの車はそちらを走る。

さて、芦ノ湖を後にして、国道1号線を三島へとハンドルを握る。
こちらの道も、ぐねぐね坂。
オットは、そんな中,いい寝息。

沼津から東名に乗って、静岡へと向う。

・・・

ゴールデンウィークだったけれども、思ったほど道は混んでなかった。
ただ、御殿場辺りは、半端じゃなかったみたい。
アウトレットがあるからかな!?

御殿場からの富士山も見てみたかった。
これは、次回への宿題。