P1100630


ピンクのカーディガン、たぶん、人生で初めて。

小さな頃から、地味な色ばかり着ていた。
子供だからって、ピンクとか赤とか着た記憶、ほとんどない。

ネイビーブルー・グレー・黒・白が多かったと思う。
夏は、ブルーが多かった記憶がある。まれに黄色もあったかな。
ときどきは、茶やベージュも。

だから、ピンクは、本当に珍しい。

就職した後、自分で森英恵のピンクのワンピースを買った。
それでも、そのピンクはグレイッシュがかったピンク。
ピンクピンクではなかった。

さて、↑このカーディガン、昨年の秋に買ったのだが・・・

すぐに穴が開いてしまった。
バッグの中に入れて,持ち運んでいるときに、何かに引っかかったようだ。

すごくショックで・・・
しょうがないから、自分で繕って着ていた、が、
その穴が大きくなりそうで、心配心配で着ていた。

夏、名古屋にあるこのお店に行ったとき、
店員さんが、他のお客さんに言っている言葉が耳に入った。

「有料ですが、修理もできます。」と・・・

何でも、東京の方に、こういう修理をするお店があるらしい。

その修理方法が、仰天の方法!

カーディガンやセーターの、脇の裏のところを少しほどいて、
そこから、修理用の糸を確保し・・・
それで、穴がわからないように修理をするという。

大変な修理だから、修理代金も半端じゃなかった。
ユニ○○だったら、カーディガンが3枚買えそうな値段の代金。

かなり悩んだが・・・

お気に入りのカーディガンだし、
穴が大きくなったらどうしょうと、びくびくしながら着るのもイヤだし、
それに、何といっても、カーディガンがかわいそうで・・・

そんなこんなで、思い切って修理に出してよかったと思う。

その修理の出来上がりは、いったいあの穴はどこに行ったの!?
っていうような仕上がり。

お店の人の丁寧なお手紙も添えられていて、感謝感謝。

・・・

カーディガンなどのニット類を,バッグに入れて持ち運ぶときは、
布で作った袋などに入れて持ち運んだ方がいい。

これは、今回の反省。

ニット類、マフラー類など、ニットものは穴があくと修理が大変。
そういうことになる前に、袋に入れる。
転ばぬ先の杖、かな!?

・・・

ここのお店、残念ながら、広島にない・・・
東京・名古屋・大阪、そして、博多と、広島は飛ばされる^^;

残念・・・

さて、
この店,夏の綿(シーアイランドニット)の大ファン!!!

その肌触りがすごい。
去年、グレーのカーディガンを買った。
夏のクーラー効き過ぎの寒い場所、あんなところで大活躍。

あまりの気持ちよさに、着て、着て、着た(笑)
お値段は、勇気のいる価格だったが、
値段 ➗ 着た回数 = かなりお安い(笑)

去年一年間で、どれだけ着たかわからない。
後10年は、十分着れそう、また、着るつもり。

そう考えると、ここのカーディガンは,結果、かなりお徳。

正直、冬のウールのカーディガンは、そこまではいかない。

軍配は、夏のシーアイランドコットンに上がる。

何でも、現地ロンドンで買うとお安いみたい。
また、ネットで買うのも、日本で買うよりもお安いみたい。

ロンドンにはなかなか行けないけれども、もし、行けたら・・・
大人買いしてみたい〜〜〜 夢だな〜〜〜