P1100889


エプロンを作った。
かわいいでしょ〜♪

これ,実は,オットのシャツのリメイク。
何年か前に買って,オット,夏にはよく着たんだけど、
最近,少しばかりスリムになって,ぶかぶかになった。

どうするかなぁ〜って考えて,エプロンにすることにした。

P1100890


胸当ての部分の拡大。
ここは,シャツの後ろヨークのところ。
ヨーク切り替えのところを利用したところがポイント。

P1100893


脇の部分は,そのまま利用。
だから、スリットが入っている。

P1100892


ポケットは,袖で作った。
半袖だったから,袖の折り返しを,ポケット口に持ってきた。

エプロンのヒモの部分は、前立ての横の布を利用。
お腹の前で結ぶのに70臓⊆鵑琉っ掛けに55臓
この長さは,その人の体型によって違う。

ぽんぽん周りがかなりゴージャスな人は,これじゃ足りないかもしれない。
この辺りが,すっきりしている人は、これじゃ長すぎるかもしれない。

実は,オックスフォードのシャツでもリメークしたエプロンがある。
でも,エプロンにするには,こんなかわいいシャツの方が楽しくできる。

なお、オクスフォードとか,無地のシャツリメークでも・・・
楽しいプリントで,ポケットを作ったり,ヒモを作れば、
それはそれで,楽しいエプロンが作れるかもしれない。

このエプロン造りのポイントは、
捨てちゃうような,着古したシャツを使うわけだから・・・
あまり考えすぎずに,思い切ってやること。

型紙は,自分が使っているエプロンを置けば、それでOK!

一枚目は,捨ててもいいようなシャツで作ってみるといい。
それで作って,改良部分があれば,それを頭に入れて、
2枚目に作ると,よりいいのができる。

じゃきじゃき切って,がんがん縫えば・・・
2時間もあればできる,リメイクエプロン。

☆最近は,リメイクに凝っている。
 着ない服をじょきじょき切って,いろいろ作る。
 または、布がいいものは、丁寧にほどいている。
 だめもとで,やるのがいい。