HAWAII-3 008


面白いことを教えてもらった。

人にはそれぞれ、生まれ持った色があるらしい。
わたしは、赤とかピンクとか,いっぱい持って生まれてきたらしい。

しかし、足りない色もあるようで、
その足りない色を身につけるといいらしい。

足りない色は、黒、そして、青と緑。
少し足りない色は、茶色と黄色。

白・金銀は、ちょうどいいくらいの量持っているらしい。

へぇ〜〜〜とびっくり。

わたしが,赤い色とかピンクとか,あまり欲しがらないのは、
自分の中にその色があるから・・・なのかな!?

そういえば・・・ふと,思い出したことがある。

以前、
三越の一階のイベントコーナーでアクセサリーを売りに来ていた人、
その人に言われた。

わたしが、赤い色とかあまり欲しくないのは,その色を持っているから。
赤い色は元気や活力の源の色。
元気をいっぱい持っているから,あえて,赤は必要ないのですよ。

でも〜最近,赤が少し欲しくなっているんですけど・・・
歳ですかねぇ!?  と,聞いてみた。

赤の元気が少しだけ,少なくなっているのかも・・・
だから、少しだけ赤色を足してあげればいいんですよ。

ちょっと不思議な話しだけれども、なんとなく納得する話し。

・・・

お財布がちょっとぼろになってきた。
いや、かなりぼろになってきた。

新しいのを買おうと思いつつ,お気に入りのお店がなくなって・・・
で、そのまま,今のを使い続けている。

春財布って,縁起がいいらしい。

足りない色の財布を買ったらいいとも聞いた。

黒・青・緑 この中の色がよくて、
なんでも,黒が一番いいらしい・・・

それから、お財布、折り財布より長財布がいいらしい。
お札をふたつに曲げないから。

↑これを参考に,足りない色の黒の長財布を買ったら、
 来年は,お金持ちになるかなぁ・・・
 やっぱ,無理かなぁ・・・

☆無理でも,やってみる価値はあるかもしれない。。。