IMG_1651


月曜日、頭にきたっ!

「あんたなぁ〜〜〜
 簿記のお勉強が、どれだけ実践に使えると思う?
 テキストの問題を解くのと、実際は違うよ・・・」

・・・と、言われたことに。

数日経って、少し冷静に考えられるようになった。
そこで、わたしなりに分析してみることにした。

その結果・・・

その「言われ方」に、腹が立ったんだと思った。
いきなりの「あんたなぁ〜〜〜」との言い方に。

その言われた「中身」は、
今、冷静に分析すると、的を得たことだと思う。

この春から、オットの会社を手伝うに当たって、
ほとんどいきなりのことで、わたしには時間がない。

だからこそ、猛ダッシュで簿記のお勉強をスタートした。
曲がりなりにも、一応そこを勉強すればどうにかなると思ったから。

が、実際の会社の経理の仕事を、見て思ったのは・・・
言われた通りに、教科書とはかなり違う。

おまけに、パソコンで処理をするとなると、
入力の仕方、使い方が、仕事のポイントになりそうだ。

もちろん、それだけだはなくて、
「もれ」のないように、お金の動きをつかむこと、
そして、正しく動かしていくこと、これが必須だと・・・

なんとなくではあるが、おぼろげに見え始めてきた。

簿記のテストのために、がんばるぞー!と、張り切ってきた。
でも、テストに合格するのが目的ではない・・・と自覚した。

このわたし、ある意味(ある意味においてだけだけど・・・)真面目だし、
それに、お勉強を始めた簿記も、最初は苦痛だったけど、
わかるにつれ、だんだんと加速的におもしろくなってきて、
それでもって、ちょっとばかし熱中しすぎた、と思う。

1ヶ月でテキストを終え、実践問題集を解き始めたら、
それが、また、おもしろくてたまらない〜〜〜笑

が、冷静に考えると、言われた通りに、
ほとんどが、実際の仕事には、ほとんど関係ない・・・苦笑

では、この一ヶ月のお勉強が、全くの無駄であったか、
というと、そういうことはない。

そもそも、簿記の「借方・貸方」が一体何なのか!?
そんなもの、人生で初めて聞いた言葉、全く知らない世界。

✴︎「借方・貸方」は、簿記のABC・・・のようなもの。

簿記を知っている人からは笑われると思うが・・・
「借方」が左、「貸方」が右・・・
これが、なぜなのか??? 3日間、しんけん悩んだ。。。

実は、何の意味もないことらしいのだが・・・

そんなこんなの1ヶ月。
簿記のお勉強は、時間があるときに、「楽しみ」として続けることにした。

今必要なことは、実際の仕事の流れをつかみ、
それを覚えることだ。

あ〜、ここまで来るのに1ヶ月。

「人生、無駄なことは何ひとつない・・・」これはわたしのモットー!

1ヶ月、楽しくお勉強しました。
いつか、役に立つ時が来るかも、かも、かも、しれない。。。