IMG_2097


会社リノベーション、床は杉を張ることにした。

経費節減のため、色は自分たちで塗ることに。
選んだ色は、ウォールナット色。

ウォールナットは高級材。
ウォールナット材そのものは使えないから、
せめて、色だけでも・・・苦笑

この色塗り、が、が、が、曲者だった。

そもそもの発端は・・・

会社の床、土足だから、薄い色だと汚れが目立つ。
だから、ちょっと濃い目の色と思っていた。
そのことは、オットに前々から伝えていた。

が、オットが最初に塗ったのは、透明クリア色。

え〜っ、濃い色って言ったじゃない・・・
何度も言ったのに、聞いてない・・・怒!

作業手順で間に合わないから、会社の半分はクリア色。
床を張ってから後、ウォールナット色を重ねて塗った。

が、一度クリア色を塗った上だから、色が入らない。
だから、中途半端な、クリア…ウォールナット色。

まあ、我慢することとした・・・涙

で、あとの半分は、最初からウォールナット色を塗った。
これが、なかなかいい色。

大満足!

床材搬入前日の昼過ぎになって、
床材保護のため、ウォールナット色の上にクリアを塗ると言う。

↑写真は、そのクリアを塗った状態。
見るからに、次の日まで、乾きそうにない感じ・・・

オットは、明日朝までには、乾くって言う。

次の日、朝5時起きで用意して行くと・・・

やっぱり乾いてない・・・
表面、べたべた状態。
これじゃあ、床を張れない。
でも、この日の朝から床張り予定。

どうする・・・

しょうがないので、剥離剤をかけてクリアを剥がす。
昨日、あれほどがんばって塗ったクリアを、
次の日は、剥がす。

塗るのも大変だったけれども、剥がすのはもっと大変。

剥離剤の為、ウォールナット色は、半分はげはげ・・・大泣!

・・・

今回の床、無垢の木の板で期待値はうんと上昇。
色は、ウォールナット。
頭の中には、完璧以上の「出来上がりの絵」ができていた。

が、オットの自分勝手で、あちこちに迷走・・・また、迷走。

それでも、ぐっと我慢をする。

とにもかくにも、人の話をちゃんと聞かないオット。
腹が立つ以上に、腹が煮えくり返った!!!

が、が、が、    が・ま・ん!

人生、耐えることが多すぎる。。。