FullSizeRender


こんな本を図書館で借りた。

老後のお金、われわれ世代になるとみんな心配だと思う。
下流老人だの、老後破産だの、いろいろ言われているもの。

わたしも、

なんだか、よくわからない、ばくぜんとした不安があるのは確か。

ということで、この類の本を数冊読んでみた。
その中で、この本が一番わかりやすかった。

というか・・・
知っている人は、こんなこと、当たり前に知っていることなのかもしれない。

一番心に残ったのは・・・

我々が歳をとった時、
年金だけで老後を暮すのは、ムリ!

ならば、どうするか!?

老後資金を貯めなければならない。
いくら?

いちおくえん!?  いやいや、無理、むり、ムリ!

・・・ちなみに、この本には、一億円とは書いていない。
  無理な目標を立てるよりも、現実可能な目標を持つことと。

では、いくら貯めればいいの?

老後に必要な資金は、人によって全く違う。
つまり、どんな暮らしがしたいか?によって、お金の用意の仕方も違う。

☆その反対も、あり!?・・・と思った。。。
 
  つまり、老後に用意したお金により、暮らしが決まる。。。

老後も、華やかな生活がしたいなら、うんとお金を貯めなければならない。
それなりの生活ならば、それなりのお金ですむ。

今と同じ生活をしたいなら、それなり以上のお金が必要かも、と思った。

・・・

最近、お金に少しばかり苦労する老後の人と接することが、数度あった。

のほほ〜んとしている場合じゃないと思う日々。

でも、焦っても、不安を募らせてもどうにもならない。
だから、自分の足元を見て、しっかりと生活をしなくちゃいけない。