FullSizeRender


お気に入りのパン屋さんが数件ある。

残念ながら、近所にはない。
だから、「わざわざ」行かなくてはならない。

「わざわざ」でも行きたいから、お気に入りのパン屋さんなのだが・・・

最近、2件続けて、「わざわざ」のパン屋さんで、がっかり。

一件目は、うんと遠い他県のパン屋さん。
以前に比べて、パンの種類もうんと少なくなっているし・・・
まあ、これは仕方ないとして。。。

以前は、窯の前で一所懸命にパンを焼いていたご主人さん、
今回は、店の入り口で誰かとお話し中。
次々に来るお客さんに、愛想のひとつもない・・・

パンは相変わらずおいしいと思ったんだけど、
でも、気持ちのためか、以前ほどの感激はない。

遠いし、そこまでしていかなくてもいいと思った。
もう、2度と行かない。

二件目のパン屋さん。
こちらは、県内だし、オットの仕事に関係ある所に近いから、
行こうと思えば、ちょっとの「わざわざ」で行ける。

でも、もう、行かない。

この前行ったら、人気のパン屋さんだから人がいっぱい。
パンもどんどん売れていくんだろうけど・・・

焼きたてパンを出しているけど、
パンの名前もない、値段もない。
(思ったよりも、うんと高かったパン・・・涙)

それでも、「わざわざ」来たお客さんはどんどん買っていく。

まあ、わたしも「わざわざ」だったから、買ったけど・・・

レジもすごい列。でも、レジは一つだけ。
詰めて、レジ打ちしてと、
ひとりでは到底対応できない状況なんだけど、レジはひとり。

わたしは、食事用のプレーンなパンが欲しかった。
レジの後ろには、いっぱいパンがある。
聞くと、売り物ではないという。

予約のパンかな?と思ったら、
なんでも、お店でサンドイッチを作って売るためのパンだという。

わたしを含めて、何人ものお客さんが、そのパンが欲しいという。
でも、サンドのパンだと同じ答え。

売れないパン、だったら、隠しとけ!と言いたい。
店の奥に置けばいいんじゃない?って思う。

遠くから、「わざわざ」来ているのに、
パンを見せつけるだけ見せて、売れない、は、ないでしょ・・・

お気に入りのパン屋さん、残念ながら二件減った。

あー、自分で焼くしかないかな・・・

お気に入りのパン屋さんのクオリティーは高い。
10点満点の10点とすると・・・
わたしのパンは、7点ぐらいかな・・・

しばらくは、7点で我慢するかぁ・・・