IMG_3268


今年はコート! と決めて、秋口に買った雑誌。

年内には見つからず、諦めかけていたが・・・
とうとう、理想の一歩手前ぐらいのコートを発見。

買った。

・・・

お正月明けの連休、オットは仕事へと。
わたしは、ふらふらとデパートへと行った。
目的は、本屋さんだったんだけど・・・

上階にある本屋さんに行った後、
エスカレーターを下りながら、時間もたっぷりあったので、
めったとしない、ウインドショッピング。

バーゲンも一段落ついたのか、人もまばらのデパート。

ふらふらしながら、ちょっと気になるコートを見つけては、
試着してみる。

☆コートって、試着しやすい。
 フィッティングルームに入らなくてもいいし、
 靴も脱がなくていいし、
 だから、気軽に試着。

でも、どのコートも、イマイチな感じ・・・
なんだか、ぴったりと来ない。

サイズとかじゃなくて、わたしとの相性が、どうも・・・ねぇ。。。

途中から、完全に、コート試着モードにスイッチが入って、
かなりの数のコートを着た。
でも、どれもこれも、イマイチ。

少し痩せなきゃ、コートも似合わないのかなぁ・・・
と、お正月にやや増えた体脂肪の数値が頭をよぎる・・・苦笑

デパートの階を下りるにつれ、若い人向きのブランドになるのかな?
そんなところで、マネキンが着ていたコートを発見。

カーキのダウンコート。
これなら、いけるかも!?と、さっそく試着。

今まで試着した中では、一番似合うし、しっくりくるが、
理想のコートからは、何かが3,4歩離れイマイチ感が残る。

するとお店の人が、お探しのコートとは違うと思うのですが、
これはいかがでしょうか?と。

びっくりするほどの、ぴったり! 

サイズも色もデザインもぴったり。
そして、気持ちの上でも、ぴったり。
これなら、理想のコートの一歩手前だわ、と思う。

何が一歩手前かと言うと、
わたしは、車での通勤だから、ひざ上20僂阿蕕い離魁璽箸理想。
長いコートは、やや邪魔になるのである。

そのコートは、ひざ下丈のコート、やや長すぎる・・・

そこで、ひざ上20cmぐらいのコートもあるということで、試着する。
これだと、では理想のコートかと言えば・・・

サイズも色もデザインもぴったり。これだと、車に乗るのにいい。
でも、気持ちの上では、少し違う。
こちらは、理想のコートの「気持ちの上」での一歩と半分くらいの手前。

う〜ん、何が違うの!?

店員さんの話しを総合して、納得した。

まず、
1・背が高いから、基本、ひざ下丈のコートが一番似合うバランス。なるほど。

2・背が高い人が、ひざ上20センチぐらいのコートを着ると、
 コートの裾で、身長をばっさり二分して、バランスが悪い。なるほど。

3・ひざ上20僂蓮⊂し古い感じがする。
 または、もう少し歳をとった人の感じがする。なるほど、わかる!

そう説明を受けながら、10回以上、2枚のコートの試着を繰り返す。

すごく悩んだけれども、ひざ下丈コートのほうが、ぐっとわたしらしい!

丈だけが、難点と言えば、難点だけど・・・

「利便性」と「気持ち」と天秤にかけて、今は、まだ、「気持ち」で着よう!
歳をとって、気持ちだけでは着られないときが来るかも・・・

ひざ下丈に決定!

ここまできて、お値段を聞く。
いいお値段のコートなんだけれども・・・ ばっさりの半額になっていた。

☆いいお値段がゆえに、半額は、超〜うれしかった^^

・・・

このコートには、後日談がある。

実は、デパートで買ったとき、色は、サンドグレーと思っていた。
グレーがかかった薄茶、というか、薄茶がかったグレーかな!?

この色は、今年欲しかったコートの色とは違ったけれども、
大好きな色だから、満足以上の満足。

家に帰って、コートをハンガーにかけておいた。
2〜3日後、コートを着て外出した。

家を出た瞬間、びっくり!

陽の光の中では、なんと、グレイッシュカーキなのである。
え〜っ! 思ってもみなかった。

びっくりぽん!  ←古い・・・苦笑

実は、今年欲しいと思っていたコートの色は、カーキだったのだ。
まあ、思っていたのは、もう少し濃いカーキだったけど。

自分が信じられない〜〜〜

あれほど、迷って迷って迷ったのに、色については何も考えなかった。
というか、サンドグレーと信じていた。

とにもかくにも、理想の一歩手前のコートが手に入って、よかった。

・・・

秋口に買った雑誌、この存在すら忘れていた。
で、コートを買った後、もう一度、ぺらぺらめくってみた。

なるほど〜、モデルさんたちのコートのバランス、
確かに、ひざ下丈のほうがバランスがいいわ・・・

モデルさんだったら、もう少し長いくるぶし丈も超〜かっこいい。
でも、わたしには、ムリかな・・・

ひざ上20僂辰董△舛腓辰噺沈的なコートなら、いいけど、
普通のコートだと、確かにわたしの身長では、バランス難しいかも。

一歩間違えると、ひざ上20僂蓮△錣燭靴世辰燭蕁
道路工事現場の旗振りのおじちゃんの冬のコートのバランス。
なんだか、生活感の出るコート丈。

店員さんの説明、雑誌を見て、改めて、大いに納得。

理想の一歩手前のコートが、理想の半歩手前ぐらいの気分となった。