【買ってしまったなぁ〜と思うシリーズ・その3】

最近は、ほとんどしまった!と思わなくなってきた。
その理由・・・順番に書くと・・・

1・数を買わなくなった

2・メーカー元売りに全く行かなくなった

3・バーゲンに(ほとんど)行かなくなった

4・プチプラで(ほとんど)買わなくなった

5・ネットで(あまり)買わなくなった

今までで、一番「しまった!」と思った、
つまり、買って失敗したなぁ〜と思うのは、
断然に、2のケース。

服のメーカーが「家族割引会」みたいなのを開催し、
会社で直接服を売る会、これ、本当に安いの。

でも、今、冷静に考えれば、
安いものは、ほとんど売れ残りの在庫。

その時は、安くていいものを買ったと思えるのだが、
あまり考えもなしに、人だかりの中、
目の前の安さに引きずられて買ったもの。

手元に残っているもの、なし!と断言できる。
こちらは、気が付くのが早くて、
30年ぐらい前に、行くのを完全にやめた。

次は、やっぱり3のバーゲン。
今でもバーゲンは好きだし、
たまには、いいものにあたることもある。

今では、バーゲンで買うときは、自問自答する。
これ、正札でも買った!?
イエスなら、買う。ノーなら、買わない。

ちなみに、初売りも行かない。
福袋も買わない。

バーゲンは、スタートから3週間後ぐらいの、
人が行かなくなった頃に行くのが好き。
人も少なく、冷静にモノを見極められるから。

4のプチプラ、これも、わたしの歳ではかなり無理。
ものによっては、いいんだろうけど・・・

皆がいいと言う、〇ートテッ〇なんてのも1枚買ったけれども、
3回洗ったら、毛羽立ってきて・・・悲しい。。。

若さがあればそんなの関係ない〜だろうけど・・・
若さから遠ざかる今のわたしには、ちょっと厳しい。

5のネット、これはねぇ・・・
買ってから、気に入らなかったら戻す人もいると聞く。
でも、わたしは、めんどくさがり屋だし、なんだかねぇ・・・

ネットの一番の問題は、「質感」がわからないということ。
でも、なじみの商品だったら、今でも買う。

例えば、ホームスパンのTシャツとかは、
サイズもわかるし、質感もわかるから、ネットで買える。
無印の下着なんかも買える。

でも、知らないものを買うと、たいていはイメージと違う。
だから、基本、買わない。

そして、ダントツ一位の理由は、1の数を買わなくなった。

数を買わないということは、買うとき慎重になる。

去年から、パンツを買わなくちゃと思いつつ、
在庫のパンツでどうにか回してきた。

この「どうにか」やりくりしているときに、
次、こんなパンツがあったらいいな〜と考える。
うんと考える。

そして、そのようなパンツを買う。

ただ、これで「しまったなぁ〜」と思うものは買わないかとなると、
それが、そううまくいかないんだよね。。。

だから、難しい。

いろいろな「しまったなぁ〜」を繰り返し、繰り返し、繰り返し、
たくさんの「お勉強料」を支払い、
人は、だんだんと賢くなっていくはずなのに・・・

そこは、なかなか、テキスト通りにはいかない。

だからこそ、人生はおもしろいのかもしれない・・・

そういうわたしは、いまだ「発展途上」なのである。

タメイキ・・・