84歳になる母から電話。
いろいろ話す。

わたしの伯母、父の姉。
今は、施設にお世話になっている。
その伯母の家のマンションがずっと空家になっていた。

わたしたちが遊びに行くときもあったが、
ずっと空家でももったいないし、ということで、
中を片づけて、賃貸に出すことにした。

その片付けが、大変だったらしい。

伯父亡き後、伯母のひとり暮らし。
それでも、それなりのモノがあって・・・

伯母が施設に入った後、弟夫婦がかなりの片づけをした。
もう使わないと思われるものは、大処分してすっきり。
見た目は、モノのない使い勝手のいいマンションになっていた。

が・・・

母曰く、それでも、それなりに、いや、それ以上にモノがあったという。

伯母のマンションは、4LDKのマンション。
人口7万人の地方の市に立地するマンションだから、
少しばかり余裕のある広さ。収納もたっぷり。

このたっぷりが、曲者だった^^;

どの部屋も、家具はほとんどなく(しかし、クローゼットはある)
床にはモノもなく、すっきりとした暮らし。

しかしながら、各部屋にある、大き目のクローゼットが問題。
服はあるし、タオル類もあるし、布団は野球チームが泊まれるほどある。

キッチンには、ビタクラフトの鍋のフルセットもあり、
食器棚には、コーヒーカップセットも数セットあって・・・

もちろん、テレビ・洗濯機、冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・・・
などなど、普通の家にあるモノは、全部整っていて・・・

そうそう、げた箱から、びっくりするくらいの数の靴が出てきたらしい。

伯母は、着道楽の人だったから、洋服もデパートの一流品ばかり。
処分するのにためらうような服がザクザクだった、らしい。

夏場の片づけ、さすがに、84歳の母は手伝いには行かなかったが、
その荷物の一時置き場として、母の家の8畳間を使ったらしい。

で、その8畳間が、いっぱい!になったそうだ。

一見、すっきりと暮らしていたような家でも、
全部出すと、こんなにたくさんのモノがあるのかと、
母は、かなりのショックだったらしい。

それで、84歳の母が考えたのは、老前整理。
(わたしに言わせれば、後期高齢者の老中整理だけどねぇ・・・)

暑いから、秋になったら、少しずつ整理すると言う。
今は、クーラーが効く部屋の整理を少しずつしているらしい。

これ、他人ごとでは、ない・・・

我が家は、幸いにも、収納スペースが、たっぷりない。
といえども、それなりの収納スペースがある。

どちらかと言えば、収納は上手にできる方だから、
効率よく、ぴったり、ぎっしり、モノはある方だと思う。

昨日のブログではないが、
マンションサイズの小さな押入でも、出せばすごい量。

母の話し、そして、押入の片づけ・・・
こりゃ、わたしも、暇を見つけては、いや、暇がなくても、
少しずつ、還暦の老前整理をしなくてはならない。

☆広〜い家に住む友だちがうらやまし〜と思うときもあった。
 ダイニングリビングルーム以外に、8畳の部屋が6部屋ある家、
 そんな家に住む友だちを、うらやましいな〜って思っていた。
 その8畳の部屋には、1〜2間の押入やクローゼットが付いていて、
 モノの収納には困らない、と聞いていた。
 が、
 いったい、どんだけ〜モノがあるんだろうか・・・

 そういえば思い出した。
 この友だちの家、人が住める一軒家みたいな特大の倉庫もあった。
 そこにもモノがいっぱいあったよね・・・