IMG_4262


プロ用の厨房屋で、竹のせいろを買った。
↑本体と、↑右に写っているふたで、1,500円程度の値段。

大きさは、一番小さなサイズ、18cm。
朝から、気軽に野菜を蒸したいと思って、小さなサイズにした。

実は、これに合わせて、18cmのフライパンを買ったのだが、
使いにくい・・・

家にある、18cmの鍋にも、どうも座りが悪い。

う〜ん、どうするか、考えた。

スーパーで、せいろ用の安い鍋を買うかな、とも思った。
実際に見に行った。
が、ちょうどよさそうなのが、ない。

その次、ニト〇に行った。
18cmのふた付き鍋、これがよさそうだ。

が、買わなかった。
なぜなら、実際にせいろを合わせて、
カタカタしないかどうか確かめないと、不安で。

少し考えた。

今の我が家の18cmのお鍋、イマイチ使い勝手がよくない。
以前、柳宗理の18cmを使っていたんだけど、
空炊きしたり、焦げ付かしたりして、今は、事務所用にしている。

その後、買った18cm、これを、今使っているけど、
みっつ越で買った割には、イマイチ・・・なの。

一番よく使う18cmのお鍋だから、
ひとつだけ手に入れるなら、この際、思い切って使い勝手のいい、
これから長く使えるのを買うかな、などなど、思っている。

そして・・・

IMG_4265


事務所にある、柳宗理の鍋に合わせてみた。
あれ〜っ!? これ、イケるかも・・・

それならば、家用に柳宗理の18cm鍋を買えばいいんじゃない?

とりあえず、しばらくは、事務所用のこの鍋を家に持ち帰り、
せいろ用として使う。
都合がよければ、新しい柳宗理のなべを買おう。

なんだか、すっごく得をした、そんな気分になった。