IMG_5039


事務所でパンを焼く。

焼く前に、十文字にクープ(切れ目)を入れて、
そこにチーズを乗っけて焼く、予定だった。

が、事務所の冷凍庫に、あると思ったチーズがない・・・

のでので、十文字のクープのところ、なんにもない。
だから、ちょこっと、マヌケなパンになった・・・

しかしながら、事務所の冷凍庫の底に、ドライいちぢくを見つけた。
お〜、これなら、次は、その昔習った、
フィグノア(いちぢくとクルミ入りのパン)が焼けるではないか!

やったねっ!

って、たぶん、フィグノアを習ったときに買った、ドライいちぢく、
これが、冷凍庫で眠っていたんだね。。。笑

完全に忘れていた。

底の方に、ほんの少しのベーコンも眠っていた。
これは、ベーコンエピを焼いたときの残りだね。

こちらのベーコンは、あまりにも、霜が付いていたので・・・
ごめんなさい、けど、ぽいしちゃいました。。。

家の冷蔵庫、冷凍庫は、毎日のように開ける。
だから、だいたい何が入っているか、わかる。

事務所の冷蔵庫は、ほとんど何もない状態だから、
常に把握できている。

が、事務所の冷凍庫は、ほとんど開けない。
だから、完全に忘れ去っていた。

・・・

家と事務所の両方でパンを焼くのは、ややこしい。

こっちには、はちみつがあるけど、あっちには、ない。
あっちには、スキムミルクがあるけど、こっちには、ない。



こんなことだらけ。

だから、パンを焼くとき、いつも、ややこしくなる。
両方に、いるものを全部揃えれば、それが一番いいんだろうけど、
そこまでするのも、使い切れないし、もったいないし・・・

だから、パンを焼くときは、いつも、頭の体操だ。

今、バヌトンは家。
マフィンのリングは事務所。

クープナイフ(切れ目を入れるナイフ)は、事務所。
だから、家でクープを入れるときは、
しょうがないから、包丁で、やっちゃう・・・
だから、断面ぐにょぐにょ・・・

事務所で、ベーコンエピを焼いたときも、
調理用ハサミがなかったから、
工作用のハサミを消毒して、それで、なんとかごまかした。

あ〜、頭が、ぐるぐるする・・・