InkedIMG_5302_LI


一年中を通して、わたしの唯一のワンピース。
麻の黒、半そで。

☆喪服でのワンピースは、夏冬それぞれ1枚ずつ。
 それ以外での唯一

20年以上前に買った。
たぶん、10〜20回程度しか着てないと思う。
ガンガン着ればよさそうなんだけど、何か躊躇する「もの」があった。

今回、ごっついベルトをして着てみた。
これは、石川博子さんのまねっこ。

彼女の本に、
「ちょっと甘めのワンピース、ベルトをルーズにして、甘めを抑えて着る」
と、あった。

躊躇する「もの」って、わたしに合わない「甘め」なのかしら?

黒のワンピに、男っぽい黒のワイルドなベルト。 
黒づくめだから、バッグと時計を白にしてみる。

日傘は、グレーの濃淡。

なんか、違うぅ〜〜〜

そういえば、東京のsさん曰く、
「どこかに1点、柄物」

日傘が、少し柄だけど・・・

ここに、レモンイエローの抽象花柄の麻のスカーフ、
首に巻かないにしても、バッグの口から出した方がよかったかも。

靴は、適当につっかけた、カンペールのサンダルにしたけど、
白スニーカーの方がよかったかも。

と、自撮り写真を見て、いろいろ考えてみる。

だが、答えは、わからない・・・苦笑

・・・

「何を着るか」 ではなく・・・

「どう着るか」 それが重要・・・

「大人になったら着たい服」に、そう書いてあった。

確かに、そうかもしれない。

が、が、が・・・

その「どう」が、わかんないんだよなぁ・・・

でもでも、
正解をバッチリ着なくても、いいんじゃないかな〜とも思う。

少しぐらい間違いでも、おかしくても、かっこよくなくても、
それはそれで、「いいのだ!」とも、思うんだよな〜

人生、着ることだけでも、ないしな〜〜〜

☆って、答えがわかんないから、変な言い訳をしている、わたし。。。