IMG_5554


暑いからこそ、しっかり食べる。

しかし、料理に手をかけたくはない。
だから、手抜き料理。← お得意!

鶏もも肉、塩と酒をしてもみ込む。
圧力鍋に入れて、ひたひたの水、顆粒コンソメスープ少々。
圧力を5分かけて、放置。
冷めたら、コンテナ容器に入れて、冷蔵庫。

もも肉のゼラチン質が溶け出すため、
ゼラチンを入れなくても、スープはゼリー状になる。

ガラス容器に、紫玉ねぎのスライスを入れ、
切ったもも肉を乗せる。
ゼリー状のスープを乗っけて、刻みネギを散らす。

IMG_5555


ゼリー状になったスープがとろとろして、冷たくて、
酷暑の夏に、涼しげな一品。

ちなみに、
紫玉ねぎのスライスは、大目に作り、スピナーでしっかり水切り。
コンテナ容器に入れておけば、3日は大丈夫。

青ネギも、刻んだのをコンテナ容器に入れておけば、3日は大丈夫。

なお、コンテナ容器とは、タッパーとか、ジップロック容器とか、
プラスチックでできたような容器のこと。

以上のような用意をしていれば、
真夏の夜、家に帰ってきてから、台所に立って・・・

3分で、↑この一品ができる。
で、冷えたビールで、まずは、いっぱい。

さっ、次は、何を作りますか・・・