IMG_6995


こーんな本を図書館で借りた。

「万年小太りの40代ライターが、
 心理学者・海保先生の力を借りて、
 頭と心を変え、習慣を変えた。
 10キロ痩せて、華奢になるまでの
 2年間をまとめたルポエッセイ。」

ずず〜っとかいつまんで、言うと・・・

自己分析し、我慢も忍耐もせずに、自分に合った痩せる生活を見つけ、
それを「習慣」とする。その「習慣」を一生続ける。
ただ、それだけ。

な〜んて、書いちゃえば、なんてことないけど・・・

習慣ねぇ・・・ 

習慣かぁ・・・

なるほどねぇ・・・

しばし、考え込む。。。 自己分析中。。。

まずは、なぜ痩せたいかの、どのくらいの体重になりたいのか、
そこをはっきりさせる。

正解などないのだ。
人それぞれ、その人の目標体重、そして、理由でいいのだ。

わたしの目標は、後1、5キロぐらい絞り込むこと。
もう少し脂肪を減らして、もう少し筋肉をつけて。

筋肉に関しては、この歳だから、
増えなくてもいいから、少なくとも、減らさないようにしたい。

なぜそうなりたいか! ここ、重要なポイント!

「かっこいいばーさん」になりたい から・・・笑

笑っていただいて、けっこう、けっこう、大いにけっこう!

かわいいーばーさんに、なれん、のは、自分でも、ようよう知っとる!
シックでマダムっぽいばーさんも、ありえないぐらい、ない!
クールで知的なばーさんも、無理っ!

だから、せーいっぱい、背伸びしての目標で、かっこいいばーさん。
その中に、少しばかりの「やんちゃ」があれば、理想!

す〜っとした感じを保ちたい。
大股でぐんぐん歩きたい。
身軽な動きがしたい。
性格もさっぱり・きっぱり行きたい。
ぐじゃぐじゃしたくない。

そのために、後1、5キロ絞り込みたい。
って、
実は、かっこいいばーさんと、1、5キロの関連もあやふやだが。

まー、そんなことは、どーでもいいのだ。

他人から見れば、たとえその1、5キロ絞っても、
かっこよく、見えもしない、分かりもしない、だろう、多分。

究極、自分の中の自己満足でしかない。

でも、その1、5キロがあるから、日々の生活に、ハリが出る。

自分だけのこだわりと、自己満足の中、
わたしなりの「かっこいいばーさん」を目指す、のだ 大笑