IMG_9397


母から、ハガキが届いた。

なんでも・・・

わたしが送った型紙で、マスクを縫っていたら、
途中で、ミシンが壊れた。
 (その後は、手縫いで作った、作り上げた・・・ 根性だ!)

ミシン屋さん、コロナでお店が閉まっていて、修理に出せない、
と、1ヶ月ほど前、電話してきた。

やっとこさ、お店も開き、ミシンの修理の人が来たと。
その様子を、ハガキに書いてきた。

さて、さて、
母は、159センチ、今は、少し縮んでいるが・・・

体重は、40キロあるかないか、たぶん、ない。。。
BMI15、ぐらい!? すご〜く痩せている。

その母が言うには、
ミシン屋のおじさん、わたしより痩せていて、ひょ〜ろひょろ!
わたしより痩せた人、久しぶりに見た!

なんだか、嬉しい!

ですと・・・笑

その後、電話をしたら、また、その話し。

わたしより、わたしより、痩せている人がいた〜〜〜と。
わたしより、わたしより、ひょ〜ろひょ〜ろ〜〜〜と。

もう、それは、それは、嬉しそうに話す。

母の不満は、
世の中、痩せる方法は、テレビでも本でも、山ほどあるが・・・
太る方法は、テレビでもやらないし、そんな本もない・・・

確かに・・・

医学的には、太っている人が痩せるよりも、
痩せている人が太る方が、う〜んと難しいそうだ。

常日頃、母には言う。
とにかく「タンパク質」を食べなさい、と。

母は、気分が乗れば、朝からステーキを焼く。
朝のお味噌汁には、豚バラ肉が入る。

パン屋に行けば、カツサンドを注文。
揚げたてのカツをパンに挟んでもらって、ニコニコして帰る。

カレーは、カツカレーがいいと言う。
ビーフシチューを作って送ると、すごく喜ぶ。

夜、電話をすれば、トンテキに、小さなビールを飲んだと。
トンテキは、ニンニクで焼いたら美味しくて、
付け合わせに、じゃがいも、カリカリに焼いたと。

なのに、全く体重は増えない。
増えないどころか、少し油断すると、すぐに痩せる。

身体の悪いところはない。
常備薬など、一つも飲んでない。
たまに、食べ過ぎた時に、胃薬を飲むくらい。

6月1日、母の誕生日。
87歳になる。

月一で、博多の天神に行き、友だちとのランチが楽しみ、だった。
フィットネスクラブ の、プール、太極拳が楽しみ、だった。

今は、どれも、ガマン・・・
人生の最後の方、かわいそうだな、と思う。

が、母に言わせれば・・・

「空から、爆弾が降ってこないから、まだ、いい!
 冷蔵庫には食べ物があって、家にいれば、あ〜んぜん!」

激動の時代を生き抜いた人は、強い!!!